FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本が負けやすくなるために高望みか

<サッカー>「日本は繊細さを捨てた」「極度の実利サッカー」韓国メディアが厳しい指摘


2019年1月24日、サッカーのアジアカップ準々決勝が行われ、日本代表はベトナム代表に1‐0で勝利した。この試合について、韓国メディアは「日本は繊細なサッカーを捨てた」などと報じている。

日本は前半24分に左コーナーキックを獲得。MF柴崎のクロスをDF吉田がヘディングで押し込みゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定によりシュートが腕に当たったと判断され、ゴールは取り消された。一方、0‐0で迎えた後半8分、MF堂安がペナルティーエリアで相手選手に倒されるも、プレーは続行。しかしその後VAR判定となり、日本がPKを獲得。堂安が自ら決め、これが決勝点となった。

多くの韓国メディアが日本の勝利を伝えているが、試合内容については厳しい見方を示している。韓国のサッカー専門誌・ベストイレブンは「日本サッカーといえば短いパスをつなぎ、狭いスペースを素早くすり抜けるイメージ。力強さはないが、繊細なサッカーを目指す地道な哲学から生まれる独特な色を持っていた」としつつ、今回の試合について「日本は繊細さを捨てた。安定感を追求したためにベトナムの固い守備ブロックを崩せなかった」と説明。さらに「先制ゴールを決めた後はさらに楽に試合を運んだ」とし、「ベトナム選手の体力が急激に落ち、その分守備が甘くなったため、日本はより簡単に、望んでいた単純に蹴り込むサッカーができた」と伝えている。

デイリーアンは「日本はファンたちに嘲弄されながらも平気で極度の実利サッカーを続けている」と伝えている。先制ゴールを決めた後に「サッカーの面白さがなくなった」とし、「日本選手たちはハーフライン付近でボールを回して時間を稼ぐ“実利サッカー”を始めた。中東の国の選手がピッチに寝転んで時間を稼ぐ“ベッドサッカー”をするのと同じ。方法がパスになっただけ」と指摘。また「体力が温存できるなど得るものも多いが、同じくらい失うものもある」とし、「日本の戦術にはサッカーファンからブーイングが起きるなど厳しい視線が注がれている」と伝えた。(翻訳・編集/堂本)


((( ̄へ ̄井) フンッ
日ごろから日本のサッカーに対して好意的に見ているのであればともかく、日ごろから我が国を悪しくみなしていて、よしんば自国に関係のない第三国との試合だに、日本が負ける事を期待している連中には言われたくない。どうでも日本が勝つ、勝ちやすくなるような結果につながる事は彼ら的には好ましくないのです。だからこそ、このような調子の良い事を言っているのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











スポンサーサイト



<< 姓の元の意味28 | ホーム | 中国的には積荷の散乱がなかった事でも十分幸いな事だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP