FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

歌に見るドイツの歴史⑪

「歌に見るドイツの歴史」第11回目です。

Heino - Schlesierlied - 1992



Deutsches Soldatenlied "Mein Schlesierland"



タイトルにおいては若干の違いがありますが、内容においては同じ物です。下の画像においては、「Soldaten singen」と言うタイトルの歌集本の表紙が表示されている事からするに、それもれっきとした軍歌の範疇にあると言う事なのでしょうが、その中身は単にシュレージエンをテーマにした郷土歌と言った方が正確のようでして、格別いくさとは関係があるとは言えません。
さて、シュレージエンとは第二次世界大戦後ポーランド領になってしまった所ではありますが、かつてはまがりなりにもドイツ帝国領であった所でして、それをテーマにした歌があったっていいじゃないかと程度の物でして、当然それはナチ党とは関係のない、それ以前の話ですからこそ、ハイノもかように歌っている訳ですが、韓国的なメンタリティに基づいたならば、このような歌が認められるとは思えません。
まあ、ポーランドはそこまで唖叛堕羅と言う事ではないでしょう。そのような古い歌と、領地問題とは別物と考えて、返還要求さえしなければ、歌にまでけちを付けると言う事はしないと言う事です。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< 学校自体が親日の産物じゃないのか | ホーム | 反日ならば用日もやめろ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP