FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

黒(ブラック)の良し悪し③

「黒(ブラック)の良し悪し」第3回目です。
数字の世界においては、往々にして多い方が、プラスの方が良い場合が多い物ですが、それだって時によりけりでして、野球を例に取れば、打率の場合は、打ったヒットの数がかかわって来る物ですから、その値か高い方が良いに決まっているでしょうが、逆に防御率の場合は自責点の数がかかわって来る事ですから少ない方が良いと言う事です。
さすがに野球においてはマイナスの成績と言う概念はないでしょうが、強いて言えば敗数が勝数より多い場合を言うのでしょうが、そんな物は良い物とは言えません。ただ、少ない事が良いと言う概念があるのであれば、マイナスが良いと言う場合もある訳でして、ゴルフと尿検査の場合はマイナスの方が良い物です。ゴルフの場合は、各ホールごとに規定打数と言う物が決まっていて、実際に全うした打数との比較によってスコアが残るルールになっているために、規定打数よりも少ない打数で全うすれば、マイナスとしてスコアに残り、そうしたマイナスでの値が大きいほど良い成績だと認定される物です。
まあ、銭金勘定におけるバランスシートにおいては収入の方が多い、プラスの方が良いに決まっているでしょうが、プラスであれば黒字、マイナスであれば赤字として表現される物です。つまりそこでは黒こそが良い状態、逆に赤が良くない状態の色として用いられていると言う事であります。
ここでは黒が良い意味で用いられている事になりますが、そこまで良いと力んで言う程でもなく、少なくとも、その程度で済むべしと言う、正常な状態、しかるべき状態、そんな意味を持たせるべく黒が用いられていると言っても良く、場合によっては黒とは基本を意味する色であって、赤やその他カラーの色は何かしらの特殊な意味合いを持っている物だと解釈できる場合もあると言う事です。
曜日なんかでも、平日とかウィークデーとか呼ばれる日はカレンダーでは黒く表示され、土曜日は青、日曜日や祝日は赤で表示されます。ここでも、黒は基本、あるいはノーマルな状態を意識して用いられているのに対して、カラーの色は特別な状態を意味する物として用いられていると言えるのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












スポンサーサイト



<< 我が国的には日韓関係悪化で何が悪い | ホーム | ファビョる姦酷・追加 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP