FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

歌に見るドイツの歴史⑭

「歌に見るドイツの歴史」第14回目です。

Heino - Das Lied der Deutschen (National Anthem Germany)


いわゆるドイツ国歌でありますが、この歌に関しては、別段国家が先で歌は後からと言う訳ではなく、歌が先で国家は後と言うのが実情でした。また、歌にしても、それがはなからと言う訳でもなく、曲はヨーゼフ・ハイドンがオーストリア皇帝のために作曲した物が元となっており、それが土台となって、オーストリア帝国国歌ができあがり、その曲の替え歌として「ドイツの歌」が出来上がった次第です。
今の連邦共和国においては、3番のみが国歌として扱われていますが、1番の中には、マース川、メーメル川、エッチュ川、ベルト海峡と、既によその国の範囲に収まっている所もありまして、国歌とする事はできないのです。
とは言え、そのようなよその国に属している部分を含む歌をドイツの一部として歌う行為も、いまだに個人で行う事に関してはちょんぼとはしていない訳です。これもまたナチスの産物じゃないから問題なし、と。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











スポンサーサイト



<< 姦酷よ・追加3 | ホーム | 本気でそれに応じる企業がいると思っているのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP