FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

同性愛は不法滞在の隠れ蓑の始まり

同性カップルの台湾人男性に在留許可 国が退去処分を撤回

日本人男性と20年以上同居している台湾人男性に対し、国が退去処分を撤回して在留特別許可を出したことが22日、分かった。

 台湾人男性は処分の取り消しを求めて東京地裁に提訴していたが、許可を受けて訴訟を取り下げた。

 弁護団によると、40代の台湾人男性は平成6年から50代の日本人男性と同居し、28年に不法残留容疑で逮捕された。その後、国外退去処分を受けたが「異性カップルと同様に在留特別許可が認められないのは違法」として提訴。裁判所が2人への尋問後、国側に処分の見直しを打診し、国が今年3月15日、在留特別許可を認めた。

 弁護団は同性カップルの外国人に在留特別許可が出るのは初めてとし、「同性カップルであることが重要な判断要素になったと考えている」と評価。一方、法務省は「在留状況や生活実態などを総合的に勘案した」としている。


前にもこの話が出たなぁ。はっきり言って問題のすり替えなのですよ。本来問題視されてしかるべきなのは、台湾人の不法滞在であるはずなのに、いつしか、同性愛カップルに対する差別になってしまっています。自分にしてみればそんな事はどうでもいいのです。不法滞在がちょんぼであるのであって、ちょんぼにならない状態で一緒に暮せば良いのです。その一手段としては台湾へ一緒に移住すると言う事があってもいいでしょう。
にもかかわらず、このような「譲歩」をしたって何の解決にもならないと思います。こうした前例ができる事で、不法滞在をやり抜くために同性愛カップルをでっち上げるやからもでて来るでしょうし、そうなったら、今度は本来当人同士の勝手にしろで済む所が、事によったらあいつらは不法滞在じゃなかろうかと、新たな偏見だか差別の始まりになるのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 











スポンサーサイト



<< あるぞ気違いが・3 | ホーム | そんな事分かる物か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP