FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ある意味妥協の産物

大音量から耳を守れ ライブ専用の「耳栓」が広がる

生の歌や演奏を聴くライブの場で、あえて「耳栓」を装着して楽しむ流れが徐々に広がっている。大音量によって、耳がダメージを受けるのを防ぐためだ。背景には親子でのライブ参加が増えたことなどがある。アーティストグッズとして販売されるケースも増えている。

サカナクションは2018年10月から開催中の全国ツアーで、観客に「ライブ専用イヤープラグ」の貸し出しを実施している。この耳栓はアーティスト用のイヤーモニター(以下、イヤモニ)などを製作する「FitEar」が、音楽と聴覚保護の両立をめざす活動「SAFE LISTENING」の一環として提供。音楽のバランスを損なうことなく、15デシベル(dB)ほどボリュームを下げることができるライブ専用の耳栓だ。


「メンバーがFitEarのイヤモニを作った際、このライブ専用イヤープラグの存在を知ったことがきっかけ。来場者の聴覚保護につながることから導入に至りました」(サカナクションが所属するヒップランドミュージックコーポレーションの熊木勇人氏)

使用した来場者には「装着していてもちゃんと音楽を楽しめたと好評だった」(熊木氏)とのこと。今ツアーでは1公演あたり平均20人ほどの貸し出しがあるそうだ。なお、FitEarのイヤープラグは「LOUD PARK」や「SUMMER SONIC」といったロックフェスでの販売実績もある。

聴覚保護の動きが広がるのは、親子でのライブ参加が増えたことが1つの要因だ。18年7月にはASIAN KUNG‐FU GENERATIONの後藤正文が自身のブログで、最近はライブ会場で子どもの姿を見る機会が増えたこととともに、聴覚保護を呼びかけた。同時に、耳をカバーするヘッドフォン型のイヤーマフの着用を、入場時の確認事項に盛り込むことなどをアナウンスしている。また、ライブで親子限定の「ファミリー席」を設けることの多い倖田來未やももいろクローバーZなどの公演でも、数年前からイヤーマフの貸し出しを無料で行っている。


音楽を生で聴くためにライブへ出かけるのでしょうが、ライブでの音量は半端ない物でして、会場の外にまで音が漏れる有様です。そのような「重砲弾」相手に耳栓如きでは容易に「貫通」されてしまいますが、音量を抑え込む事にこそ意味がある訳でして、さながらシュルツェンのような物でしょうか。
さらしを巻くのも、どすのダメージを全く阻止できるはずもなく、急所にまで至らさせない事にこそ意味があるようでして、何にしても完全に抑え込むことはできない物でして、許容範囲内に抑え込む程度で妥協しなくてはならない事は往々です。考えようによれば、耳栓と言うのも、そうした妥協の産物と言うべきでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< あるぞ気違いが・4 | ホーム | 役職・身分の掛け持ちと転籍60 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP