FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

異宗教に関心が薄くて何が悪い

<となりのムスリム>仙台暮らし事情(3)異文化への関心薄く

イスラム圏から来た人々が仙台市で増えている。礼拝や食事、言語など文化が全く異なる日本社会でイスラム教徒(ムスリム)らは悩みながらも、たくましく生きている。隣人となったムスリムの日常を追った。

【となりのムスリム】仙台暮らし事情(1)礼拝場所探し一苦労

(報道部・坂本光)

<結婚し来日>

 宗教の壁も2人の愛情で乗り越えた。

 モロッコ人のアブデサマド・メスキニさん(46)と日本人の妻真由子さん(40)は2011年2月に米国で結婚。東日本大震災直後に来日し、仙台市泉区の真由子さんの実家で2~6歳の3人の子どもと暮らしている。

 イスラム教はキリスト教とユダヤ教を除き、他の宗徒との結婚を認めない。メスキニさんはムスリム(イスラム教徒)。教義上宗教を捨てるという選択肢はなく、仏教徒の真由子さんが改宗しなければ結ばれることはなかった。

 2人の出会いは09年。友人を通じて知り合い、互いに好意を持った。プロポーズは翌年、真由子さんがメスキニさんが当時いた米国を訪れた際のことだった。

 「礼拝や食事など文化の違いはある。大丈夫ですか」。メスキニさんの質問への答えは「OK」。真由子さんにとっては「たまたま好きになった人がムスリムだった」にすぎなかった。米国のモスクで「シャハード(洗礼)」を受け、ムスリムとなった。

 真由子さんは海外旅行好きとあって外国人の友人も多い。イスラム圏との文化の違いは交友関係の中で理解していた。「ムスリムとしての生活に不安はなかった」と振り返る。

<今後に不安>

 真由子さんの周囲には宗教上の不安を口にする人もいた。それでも「時間をかけて風習や文化、生活スタイルを理解してもらえばいい」と押し切った。

 家族は地域に溶け込んで暮らしており、宗教が原因のトラブルは経験したことがない。ただ、周囲の人々の異文化への関心の薄さを感じることも多いという。

 外食時に食材について店員に尋ねると、一緒にいた知人から「アレルギーなのか」と言われたことがある。ムスリムだと告げても理解していない様子だった。

 長男は4月から小学生になる。学校給食や級友らとの交遊が始まる。この先、どんな摩擦が待っているか分からない。

 「生活や風習を自ら説明して自己主張しないとムスリムは日本で生きづらい。自分の子たちに、それができるだろうか」。真由子さんが表情を曇らせた。

>宗教の壁も2人の愛情で乗り越えた。

聞こえは良いですが、その実態はイスラム側の、相手に対する一方的な全面的な従属要求にしか見えません。まあ、それがイスラム教中心の国であったならばそれでも「構わない」のですが、日本に在っては、公平にすべての宗教と言う物が認められている訳でして、そうした物が踏みにじられていると言う事に他なりません。
そもそも、そのような高望みをするくらいならば、その旦那にしても、自国から出てはいけなかったでしょうに、しれっと日本にやって来て、その状態で相手にそれを求めるとは何事か。そんなありさまだからイスラム教は何様のつもりなんだ。自国の社会を旧態依然とするのみで、そんな社会観をよそに持ち込むようでは迷惑以外の何物でもありません。
そのような迷惑な宗教では、嫌がられたって当然なんじゃないでしょうか。関心が薄い程度で済んでくれればましなんじゃないでしょうか。せいぜい当事者の中だけで完結して、よそは関わらせないで欲しい物だ。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










スポンサーサイト



<< あるぞ気違いが・6 | ホーム | あるぞ気違いが・5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP