FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いじめを顕在化するのも隠ぺいするのと同様に胡散臭い

川口市の小学校、学校ぐるみで“クルド人少女のイジメ事件”隠し

3月22日、埼玉県川口市にある芝中央小学校でも卒業式が行われた。足取りは重く、それでも一歩、一歩、学校へ向かう少女の心境はいったい、いかほどであったであろうか。

 少女はトルコ国籍クルド人である。両親とともに2歳で来日した彼女に、トルコの記憶は何もない。難民申請中である家族は入管の厳しい管理下に置かれ、あらゆる自由を制限されながら生活している。日本人の子供たちと見た目が違うため、学校では辛いことも多々あった。

 それでも少女はしっかり勉強し、この国で生き、弁護士の夢を叶えようと日々努力していた。この家族と筆者は10年以上の付き合いがあり、少女の成長をずっと見てきた。少女の苦労を知っているがゆえに、今回のイジメ事件は心がえぐられる思いであった。

◆以前の校長は、少女をイジメから守ってくれていたが……

 少女が6年生に上がった去年の4月、新しく鈴木彰典校長が就任した。ここからが不幸の幕開けとなる。以前の校長は、子供好きで誰にでも平等に接する人物であると当時の関係者は語る。人権意識の高い校長は、少女のことも常にイジメから守ってくれていた。

 しかし4月に新しい校長が就任してから事態は一変した。5月、数人の女子にクルド人少女がトイレに閉じ込められるという事件が起きた。のちの筆者の質問で、担任は「1人しかやっていない」と発言したが、事実究明をしていくうちに1人がドアを蹴飛ばし、3人が上からのぞく、残りは少女を罵倒したり、はやし立てたりしたという事実がわかった。証言の違いを追及すると、担任は口を閉ざしてしまうだけであった。

◆倒されて足を怪我したうえ、さらに蹴りを入れられる

 これだけでもあってはならない恐ろしい出来事だが、少女の不幸はまだまだ終わらなかった。辛いことはあってもなんとか学校に通い続けた。しかし今年の1月29日、徹底的に少女を追い詰める事件が起きた。

 体育の授業で男女混合のサッカーが行われた。少女は、A君が自分のことを「あいつは邪魔」と言うのを聞いた。次の瞬間、少女はA君に突き飛ばされ、転んでしまった。その際、足を怪我して、痛みに少女は泣き続けた。

 それに対しB君が、少女にサッカーを続行するよう指示した。少女は泣きながら「できない」と意思表示をしたが、聞き入れてもらえず無理やりサッカーをやらされた。当然、戦力にはならなかった。

 次の授業のために少女は教室に戻ったが、自分の机といすが誰かによって倒されていた。自分で直してからいすに座り、痛みと悲しさのあまり机に顔をうずめ泣き続けた。

 すると突然、何者かにいすを後ろに引っ張られ、少女は床に倒れ込んでしまった。やったのはB君であった。B君はサッカーの試合が散々だったのを逆恨みして、少女の背中を何度も蹴りまくった。泣いて嫌がる少女に対し、クラスメートが傍観しているなか、蹴りは容赦なく襲い続ける。

 中にはB君に、「お前の足が腐るから(蹴るの)やめろよー」と言う生徒さえいた。

◆教頭は「心が弱い」と、少女にも非があるかのような発言

 次の日、少女は病院で治療を受けた。その後に少女の母、従兄弟の妻(日本人)、少女の3人で学校に向かった。家族の苦情に対し岡和香子教頭は「(少女は)心が弱いから……」と、少女にもまるで非があるような発言をしたそうだ。

 筆者の質問に対し、教頭は「弱いなんて言っていない」と否定。何度も追及していくと「そもそも(少女の)母親には一切、会っていない」と答えた。

 しかし、間違いなく会っているという家族の証言により、再び「なぜ母親と会っていたのに会っていないと嘘を言ったのか」と質問した。教頭は、今度は「母親と会っていないなんて言っていない」と答えた。何故、証言がこうもコロコロ変わるのだろうか、学校の闇を感じる。


外国人問題に関して往々にして辛口発言をする自分にしてみれば、いじめか顕在化するのも、隠ぺいするのと同様に胡散臭いと思う事があります。今回のケースだって、結局日本悪しきと言う点を強調したいからこそ、かように顕在化したのか、させたのかと言う事なのであって、逆にこうした事が顕在化する事によって、それら外国人の不法滞在が一緒に顕在化してしまうと言う可能性がある環境の下では、いじめ自体があっても、親や支持者によってなかった事にされてしまう事だってあるのではないでしょうか。
子供本人にとって別段日本に居つきたくなく、元の国にいた方がましだったと言う本音があって、その結果、周囲の環境と無関係に、つまりよしんばいじめがなくたって、本人にとっては居心地が悪い場合だってあるでしょう。にもかかわらず、フレンドリーをでっち上げて、その中に閉じ込めたり、あるいは今回のように、いじめを強調して、本人にとって居心地が悪いのは、日本と言う周囲であって、決して本人が悪い訳じゃないと言う風に話を持ち込んでいるのではないでしょうか。
まあ、今回のケースだって、本人が悪いとは言えないでしょうが、他の事例でも同様に悪くないと言っても、だからと言って必ずしも本人にとって日本が居心地が良いとは限らないのです。今回のはたまたま追い出されないで済むと高をくくれるからこそ顕在化したのに過ぎないのであって、そうした事が奇貨となって不法滞在の退去へとつながるのであれば、このように暴露する事はなかったのではないでしょうか。



クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< 外国人子供が日本語ができる時とは② | ホーム | ファンなの?テロリストなの? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP