FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

産み急ぎ②

「産み急ぎ」の第2回目です。
まずもって世の中には性善説と性悪説と言う概念がありまして、後者の場合は、往々にして、いちいち禁止にしないと、禁止にされていない事はやっても悪くない事だと言う風に解釈されて、勝手にされてしまい、その結果、何かと悪しき結果をもたらす物でして、実習生連中相手に対しては、いちいちなにかを禁止すべしと言う発想で臨む事は決して理不尽とは言えないでしょう。ましてや、よしんば禁止しても勝手に事に臨んで、勝手に妊娠する馬鹿どもの存在が続出しと言う事なのです。
百歩譲って、それを容認したとしても、その結果に関して自ら責任を取る事ができずにおろおろしている馬鹿っぷりをさらしている結果からすれば、あらかじめそれを禁止にしたと言うのは妥当な事でしょう。決して人権に外れる事ではなかったのです。
実際の所は、禁止にしておいたのにもかかわらず、それでもあえて、後になって相手が誰かと言う事を明らかにしないで済ましたのか、明らかにできないのかと言う事はともかくとして、事に及んで妊娠してしまったと言うのは、考えによれば、確信的な行為だったのではないでしょうか。連中なりにもそれなりの打算があって、相手が誰だろうと、とにかく妊娠してしまえばこっちの物と言う発想があったのではないかと勘繰る次第です。
前回も、元の国で結婚した上で子供を産むよりも、よしんば母子家庭だろうとも、日本でと言う事にこそ意味があると言う風に解釈した物です。日本で産めば、それを口実に、長期的に日本に居つけると言う事を狙ったのではないでしょうか。そのように解釈しない事には、とにかく妊娠して、出産にまで至ろうと言う結果に関して良い説明が付くとは思えません。
どうせ支援団体だって、11年前の国籍法改悪の時ほど、相手の男が誰かと言う事に関して詮索する事はありません。国籍法改悪の論法で言えば、相手が必然的に日本人にあらずと言う事で、その点を強調してしまえば、その馬鹿女が日本に居つける根拠を失ってしまうからです。
とは言え、それでも母子家庭で暮らすと言うのは、あまりにリスクが高いと思われるわけですが、そのような勘繰りも案外日本だけの独りよがりであって、我が子にだに、その将来など他人事と割り切ってしまえば、そのような勘繰りなど必要ないのかも知れません。
とにかく日本に寄生する足場さえ確保してしまえば、植木等の歌よろしく、そのうち何とかなるだろうと高をくくっているのではないでしょうか。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 












スポンサーサイト



<< 空よりも高い妄想・追加3 | ホーム | タイトルからしてあいも変わらずだな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP