FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

イスラム教徒の同性愛に思う③

「イスラム教徒の同性愛に思う」第回目です。第3回目です。
自分にとって、イスラム教は信仰の自由がないと感じられる物のひとつとしては、異教徒間の結婚を認めないと言う傾向が強い傾向があると言う事です。仮に異教徒がイスラム教徒と結婚しようと欲するのならば、自身もイスラム教徒にならなくてはならないと言う事で、同時に生まれた子供もイスラム教徒でなくてはならないと言う事でもあります。
まあ、そんな話も、イスラム教中心の国の中でさえあれば、イスラム教自体が義務ないしは常識と言う風に割り切って、それでも良いでしょう。しかし、イスラム教が必須でもないよその国に居ついてまでそうした宗教にしがみつくと言うのはいかがな物でしょうか。
一方では、そこで生まれた我が子にとってはそここそが祖国だとしれっと言うくせに、宗教に関しては依然としてイスラム教にしがみついて、それを我が子にも押し付けると言うのはどうも感心しないのです。自分自身で禁煙する気がなく、かつホタル族みたいな事をしたくないために、我が子にまでたばこの味を教えるような悪しき行為のように感じらます。
何しろ、イスラム教は、単なる信仰の範疇を逸脱して、生き方にまで影響を及ぼすのです。既に述べたように、それでもイスラム教が必須な環境の中にとどまっている分には良いでしょうが、そうでないよその国に居ついてまでも、現地の環境に合わせる事なく、もっぱら既存の宗教観に基づいて生きようとする。それでも、もっぱら内輪の中だけで済ませて、外部の物にはそれをかかわらせないで済ませる自制が働けば良いのですが、悪びれる事なく、外部の人間にもそうした生き方で付き合わされては迷惑と言う物です。
さて、イスラム教では棄教自体が禁忌に入るようですが、その一方では心の内にまでは立ち入らないと言う事が認められているようでして、とまあなんともいい加減な部分が存在しています。信仰ならば、むしろ心の内こそしかるべき状態にあるべきなのに、どうも上っ張りさえ装っておけば良いと言う事らしいのです。
彼らの生き方の1つとして、無責任の気があるのではないかと思われます。よしんば自身の過失によってよその害をなしても、言い訳に終始して謝罪をせず、あまつさえアラーのせいにして逃げてしまう。時間に関しても、何やら光画部時間状態、つまり2時間程度遅刻しても構わないと言うような体をなしている有様で、事によったら彼らがイスラム教を棄教しないとしたら、そうした無責任な生き方を体現しているのではないでしょうか。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










スポンサーサイト



<< 「カポ」になれればブラック企業も居心地が良いのかも | ホーム | 所詮は砂上の楼閣だが、その中で城内平和だ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP