FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

単なる自爆のくせに

サムライが刺したのは、韓国半導体「未来のこの笑い」


サムスン電子の未来であるファウンドリー(半導体受託生産)事業が日本の奇襲攻撃を受けた。4日から日本が半導体生産に欠かせない素材の輸出を審査期間90日の許可制としたことを受け、23日時点でEUV(極端紫外線)工程用のフォトレジスト(感光液)の輸入ができなくなっているからだ。

 当初半導体業界は日本の輸出規制が韓国の主力であるDRAMを狙ったものだと受け止めていた。しかし、実際にはDRAMやNAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体の生産に必要なフォトレジストの供給は正常で、ファウンドリーで使われるEUV用フォトレジストの供給がストップした。

 EUV工程は半導体ウエハーに従来の波長よりもさらに精密な光を使って半導体を製造するものだ。サムスン電子はEUV工程を採用した7ナノメートル製造プロセスで半導体を生産しており、ファウンドリー分野で首位の台湾積体電路製造(TSMC)を追い上げている。しかし、日本による規制でEUV用フォトレジストが正常に供給されなくなり、ファウンドリー事業に赤信号がともった。半導体業界からは「日本がサムスンのファウンドリー事業を狙い撃ちしたものだ」との声が漏れる。半導体業界関係者は「サムスン電子のEUV工程を通じたファウンドリー事業の成長は韓国の半導体の未来だ。日本は現在の韓国の半導体事業ではなく、未来の半導体事業を狙ってきた」と指摘した。

■10年後に半導体全体で首位が目標

 世界の半導体市場はDRAM、NAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体とCPU(中央処理装置)、モバイルAP(アプリケーション・プロセッサー)、それを生産するファウンドリーなどシステム半導体(非メモリー)市場に分かれる。市場全体に占める割合はメモリー半導体が30%、システム半導体が70%だ。システム半導体分野は設計のみを専門とする「ファブレス」企業と設計通りに生産のみを行うファウンドリー(受託生産業者)に分かれる。昨年の全世界のファウンドリー市場規模は710億ドル(約7兆6800億円)に達する。サムスン電子はDRAMとNAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体市場で首位だ。しかし、システム半導体市場ではトップではない。

金城敏(キム・ソンミン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


これなんかも、韓国お得意の表現なんでしょうねぇ。あえてここでは奇襲なんて書いていますが、一旦されてしまえば、日本だったらやりかねない。奴らはああ言う国だからと解釈したくなる国だと言うのが韓国的な感覚なはずんですがねぇ。それを思えば、こうしたアキレス腱はとっとと解決すべきだったんですが、にもかかわらず、結局何もしなかった。日本からの提供がごく当たり前と言う事に慣れてしまっ訳でして、果たして、彼ら自身が言う「奇襲」になってしまったのです。あえてそれを奇襲と言う風に表現するのであれば、自身の怠慢こそが一番の失策であり、「侍」が「刺した」と言うよりは、自分がけっつまずいたと言うだけの事ではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 厳しくすべき時に緩くするから | ホーム | 抗日コンテンツで内需拡大 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP