FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

頑張ったのは本人だけじゃない

マイホームの頭金をすべて小銭で...あまりの非常識さに騒然!


今回は、“安月給の男性が夢のマイホームを購入するためにとった衝撃の行動“を紹介していく。

今年5月、前代未聞のニュースが中国全土を騒然とさせた。中国山東省で、1人の男性がマイホーム購入のため、大量の小銭を不動産屋に持ち込んだというのだ。

山東省で野菜を数十円で売り、生計を立てるシュウさん(仮名)は、低家賃のアパート暮らし。「こんな狭い部屋を抜け出していつか自分の家を買いたい」と夢見ている。

しかし、現実は厳しい。不動産屋を訪れ、気に入ったマンションの価格を聞くと、店員は「大体47万元(約700万円)で購入には頭金として13万元(約200万円)くらい必要」とのこと。

野菜を売るシュウさんの稼ぎは、1日働いて数千円。購入までにはほど遠い。それでも彼は諦めなかった! 以後、露天商生活を10年続けてコツコツと貯めたお金は、とうとう夢がかなう額にまで達した。

再び不動産屋を訪れたシュウさんは、45万元(約680万円)、頭金16万元(約240万円)のマンションの購入を決める。だが問題は、彼の頭金の払い方。なんとすべて小銭による支払いだったのだ!

シュウさんは夢のマイホーム生活のため、稼いだ小銭を約10年にわたり自宅で保管。重さ約2トンにもなる小銭が、不動産屋の床を足の踏み場もないほど埋め尽くした。実際に対応にあたった店員はこう話す。

「そのお客はお金がびっしり入った巨大なウォーターボトルを車で山ほど持ってきたんです」

営業終了後、夜6時半から10時まで従業員26人総出で残業し、死ぬ気で硬貨を数えたそう。「1角や5角(1.5円玉や7.5円玉)が多かったのがムカつきましたね(笑)」と笑って話す店員。

本ではこうした事態が起こらぬよう、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第7条」で同一の硬貨を21枚以上使って支払われる場合、店側は「取引を拒否することができる」という決まりがある。

一方中国には、支払いを規制する法律がない。そのため店側は支払いを拒否できず、小銭を数え続ける苦行を強いられるのだ。



おやおや。中国はスマホ決済がわが国に比べて進んでいるはずじゃなかったのですかな。スマホさえあれば小銭の決済と言う面倒がないで済むと誇らしげに語っていたのではなかったでしょうか。まあ、一方では、このような後進的な所もまだまだあると言う事なのでしょうか。
中国ならば、わが国よりも金利が高いでしょうから、差し当たって使わないで置くのならば、銀行に預けておいた方が良いと思いますが、ここでは、面倒と言う事が指摘されていますが、信用できない部分もあるのでしょうか。それにしても、中国ではそうした小銭での支払いを拒否できないと言う事なのですが、その代わり、手数料をふっ掛けると言う事はなかったのでしょうか。そんな手間を食らわせておいてただと言うのは、いくら中国でも理不尽としか言いようがないですな。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ










スポンサーサイト



<< 姦酷情けない・追加8 | ホーム | それは漢字でどう表現するのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP