FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

技術がなければ、いつまで経っても後進国だ

中国、レアアース資源“武器化”が逆効果?…尖閣紛争後、日本は

中国最大のレアアース(希土類)会社が需要急減で一部工場の生産を一時中断した。最大輸入国だった日本が中国のレアアース資源の武器化に対抗して着実な輸入先を多角化したうえにグローバル景気の鈍化でレアアースに対する全般的な需要が減少したためだ。

25日、日本経済新聞によると中国最大のレアアース生産会社である内蒙古包鋼稀土は24日から一部工場の稼動を1カ月中断することにした。中国のレアアース生産会社は約300社に達するが最近、精製・加工会社の25%が撤退し、稼動中の会社も稼動率が30~40%に過ぎないと伝えられた。

最大の原因は中国レアアースの最大需要先である日本の需要減少だ。日本は2010年9月の尖閣諸島(中国名釣魚島)で中国漁船と日本巡視船の衝突事故後、中国がレアアース輸出禁止カードを取り出すとすぐに輸入先を多角化しながら代替物質も開発してきた。当時、中国の暫定的な輸出中断事態でレアアース価格は事態前に比べ10倍ほど暴騰した。日本は備蓄量を増やしてレアアースが必要ない電子部品も開発した。レアアース鉱脈を探してモンゴル・ベトナム・米国、太平洋海中まで探した。

その結果、2007年まで90%に達していた中国産レアアース依存度が減り続けた。今年の上半期には日本の全体レアアース輸入のうち中国産輸入が49.3%を占め、2000年以後初めて50%を下回った。最近ではこれにユーロゾーン(ユーロ使用17カ国)の財政危機と米国経済の沈滞余波でレアアースに対するグローバル需要が大幅に減った。この余波で中国の今年1~8月のレアアース輸出量は8700トンで、一番多かったで2003年同期間の7分の1水準に減少した。2003年中国のレアアース輸出量は7万4000トンに達したが、今年は1万2000~1万3000トンにとどまる見通しだ。あるレアアース会社関係者は「破産したところも出てきている」と話した。日本経済は中国レアアース業界の生産中断事態は結局、中国政府が資源武器化政策を展開したのにともなった逆効果だと診断した。




今や中国の経済力は日本の上を行ったと言われていますが、所詮は、10倍の人口を有していると言う事に基づく人海戦術による物でしかなく、1人頭での値と言う視点に立ち返れば、依然大した事がないと言う結論に至るしかありません。
なればこそ、依然として中国人はいんちきしてでも日本に居つこうと言う発想が抜けず、いかに全体での経済規模が大きくなろうとも、個々人にとってはいまだ中国のうまみのなさと言う物が見て取れると言う物です。
たいたいからして、さように経済水準が拡大した事が強調されるのであれば、売り物は資源にとどまらず、より高性能の製品が引き合いに出されてしかるべきなのですが、せいぜい、中国に進出した外国企業が現地での安い労働力において組み立てられた物が輸出される程度でして、生粋の中国製が高い価値を見出されると言う事はないのです。
もし、中国製に高い価値が見いだせるようになるとしたら、レアアースの日本禁輸と言う発想が中国において、日本制裁のためではなく、単に自国での消費のためになされる事でしょう。
「ルパン三世」パート2では、せっかくダイヤの原石を盗み出したのにもかかわらず、あまりに固くて、あらかじめ望んだ、ブリリアンカットにできない事に憤って、これではたくあんを漬けるための重し石にもならないと、ルパン三世は投げてしまいましたが、その後で五右衛門が斬鉄剣で、うまくカットする場面がありました。
中国にはいまだ五右衛門の斬鉄剣のような物が存在せず、レアアースも日本に売らなければ、たくあんの漬物石の役にも立たない有様でして、しかも、よしんば従前どおり日本に売れても、中東の産油国のように、決して個々の国民の所得を大幅に引き上げる効果をもたらす事がありません。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< 余計なおせっかいの裏には何がある? | ホーム | 経済的にはなんか間抜けな秘密結社 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP