FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

例によっての「永遠の10年」だな

所得3万ドル時代まで「さらに10年」 民間研究所が分析

韓国が1人当たりの国民所得2万ドルから3万ドル時代に入るためには、これからさらに10年かかるという分析が出た。

現代(ヒョンデ)経済研究院は28日発表した「韓国経済の構造的問題点と対応課題」という報告書で、「韓国の1人当たりの国内総生産(GDP)が07年初めて2万ドルを越えた後、5年間2万3000ドルを越えられずにいる」とし、「これから1人当たりのGDP増加率が3%未満で、為替相場が現在の水準を維持すると仮定する場合、3万ドルに到達するためにはさらに10年かかる」と話した。

同報告書によると、1人当たりのGDPが3万ドルを越えた先進国23カ国は、2万ドルから3万ドルになるまでに平均8年がかかった。反面、韓国は2万ドルを初めて突破した07年から計算すると、先進国の約2倍の15年がかかるわけだ。8年ぶりに3万ドルを達成するためには、今年から年平均7.6%ずつ成長しなければならないが、これは現実的に不可能なシナリオだ。中央銀行の韓国銀行の今年の成長見通しは2.4%だ。

現代経済研究院は、韓国が「2万ドルの落とし穴」に落ちたことには、1990年代7%に達した潜在成長率が3%台へ半分に減ったことをはじめ、内需と輸出の不均衡、所得分配の悪化による中産階層の減少、高齢人口の増加、韓半島の地政学的なリスク増大などの要因が構造的に働いたと分析した。


まあなんですな。韓国は曲がりなりにも先進国とは言えません。せいぜい先進国を自称する先進国もどきですな。
他では、けっこう後進国的な振る舞いが多い割には、その一方では先進国たろうと無理な願望を持ち、能もないのに、そうあるべしと行動に移すから、却っておかしくなるのですよ。
彼らの場合は、先進国たろうとするには、それに見合った民度と言う物を身につけなくてはならないのに。まあ、それは今回は抜きにするにしても、韓国の場合、日本と反対に、昔に比べて対ドルレートで自国通貨の価値が下がってきたと言う有様です。
ここでは、USドルにて、所得の多寡を詮索している訳でして、それを考えたならば、自国民の「平均的」な所得が、そうした目標に到達する事は、例によっての永遠の10年と言う奴で、ますます遠ざかるのではないでしょうか。
輸出にとって好都合なウォン安を改める事なく、どうしてUSドルにおいて、その種の目標に到達できると言うのでしょうか。しかも、その値は輸出で潤う大企業のおかげで上昇しており、一般庶民にとってはますます平均値は高根の花状態なのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< 1人で寒流耽溺は続けられないのか? | ホーム | 妄想と押し売りが入り混じった一例 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP