FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国では恥じるべき事かと

吉野彰氏「LG・サムスンのリチウムイオン技術を見に韓国によく行きます」


「科学研究は、基本的にはこだわりが重要です。研究するという強い心構えが必要ですね。しかし、それだけではできません。『何とかなるだろう』と思い、柔軟性を持つことも必要です。」

 スマートフォンや次世代自動車に不可欠なリチウムイオン電池(LIB)を開発した功績で9日にノーベル化学賞を共同受賞した旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)。15日、東京で会った吉野さんが本紙とのインタビューで自身の成功の原因だと強調したのは、こだわりと柔軟性だった。

 近所にいるおじいさんのような印象の吉野さんは「柔軟性がなければ研究で『壁』を越えるのは不可能。研究する時には必ず柔軟性が必要です」と言いながらも、「もちろん、100%柔軟性ばかりでも困りますが…」と親しみやすさを感じさせる笑顔を見せた。

 吉野さんは京都大学・大学院で石油化学を専攻しながらも、考古学研究会でも活動し、「柔軟性」を維持してきた。学校の近くにある奈良県の遺跡に通って遺跡発掘に参加したこともあった。1972年から勤務している日本の大手化学メーカー、旭化成ではLIBの開発に専念する前に3回の大きな失敗を経験したが、気持ちを切り替えて立ち上がった。研究に没頭する一方で、夜には同僚や後輩たちと酒を酌み交わした。

 吉野さんは、日本では珍しくない「企業研究者」だ。修士号を取った後、博士課程ではなく企業を選んだ吉野さんの研究は所属企業との協力から生まれた。「基本的には会社ですべて支援してくれたと言えるでしょう。会社がお金を出して基礎研究をして、それを完成させたのです。基礎研究(research)-深化・発展(development)-商業化(commercialization)の3段階がありますが、会社は最初から最後まで支援を惜しみませんでした」と語った。

東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



まあなんでなすな。吉野さん的には、大真面目に韓国に対して好意的にみなしているのでしょうか、韓国の立場としては、あんましそのような解釈は真に受け取らない方がいいと思いますよ。そんな物はリップサービスとあしらうのが賢明な所ですが、例によって韓国はそのようにはせずに、吉野さんがノーベル賞を獲得したのは韓国のおかげだなど恥知らずな発想に至るのでしょうな。
むしろ韓国としては、よそ様にかように参考にされる一方で、自身においてのノーベル賞に値する発明ができなかったことで恥じるべきですな。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< ウリナラ1番・9 | ホーム | よいしょしても結局こんな有様だ >>


コメント

科学者や高度な技術者の中には、政治的に素朴な人が多いように思います。
来てください、行きましょうと熱心に誘われれば、何の邪心も疑念もなく行くでしょうし、その後で「韓国には行かれますか」と問われれば、好意的な感想を述べることでしょう。
そういうところを狙う者どももいますよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP