FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

北以上に救われない話

財界も激高「北、現代グループの金で核兵器完成させ『兎死狗烹』」


北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が23日、金剛山観光施設で現地指導を実施し「見るだけで気分が悪くなる南側(韓国側)の施設を全て運び出せ」と命じた。これについて我が国の財界では「血と汗を流して金剛山観光事業を実現させた現代グループを北朝鮮が『兎死狗烹』(必要な時は重宝がられるが、不要になればあっさり捨てられること)のごとく扱った」と激高した反応を見せている。

 財界のある関係者は「現代グループは金剛山観光事業を開始して発展させる過程で、北朝鮮への送金容疑で捜査を受け、故・鄭夢憲(チョン・モンホン)会長が自ら命を絶つなど厳しい試練を経験してきた」と述べた。

 この関係者は「北朝鮮は金剛山観光事業を通じて稼いだカネで核兵器を完成させた後、これ以上我が国の企業には利用価値がなくなったと判断したようだ」として「だからといって金剛山に残された痕跡(施設)に対して乱暴な言葉を浴びせ、整理対象だとけなすのは、鄭会長と現代グループに対する礼儀を欠いている」と指摘した。

 現代グループの金剛山観光事業が本格化したのは1998年に遡る。故・鄭周永(チョン・ジュヨン)現代グループ名誉会長は、息子の鄭夢憲会長と共に、金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮国防委員長と面会して事業権の取得に成功し、1か月後に金剛山観光が始まった。この過程で鄭周永名誉会長は牛500頭を率いて訪朝するなど、金正日委員長の心をつかむためにあらゆる方面で努力した。

 金剛山観光を含む各種の対北事業で現代グループの試練が始まったのは、鄭周永名誉会長が他界した後の2002年からだ。当時、政界では現代グループが北朝鮮に秘密裏に巨額のカネを送金したとの疑惑がささやかれ、03年に政府が特別検察官制度を適用することにして本格的な捜査が始まった。

 特検の捜査の結果、現代グループは金剛山観光など各種の対北事業の過程で、北朝鮮に5億ドルを送金したことが分かった。当時、財界では、現代グループが「太陽政策」を表明していた政府の圧力に耐えかねて対北送金を実施したという「同情論」が多く聞かれたが、特検の強力な捜査を避ける道はなかった。結局、対北送金と裏金づくりなどに対する捜査の過程で、重圧に耐えられなくなった鄭夢憲会長は、2003年に自ら命を絶った。

チン・サンフン記者
チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版



所詮は朝鮮人だと言う事を物語る話ですな。北も南もどっちもどっちも恩知らず。韓国がさんざん日本に対して行ってきたことを、今度は北から韓国に対して行っていると言う風に考えればどうかと。しかも、北の場合は、そうした恩知らず的態度を取っても、おそらくは今どきの韓国のようなブーメランに出くわすと言う事は考えなくていいのです。
日本に対しては恩知らず的態度を取ったばかりに自爆する一方で、北に対しては、北はこの後も自爆したなと言う風に指摘できるような事態になる事はないでしょう。そう考えると、韓国とは北以上に救われない国ですな。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< 君主の出撃21 | ホーム | ウリナラ1番・10 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP