FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

高学歴決して万能じゃない

夫の役割がわからない……高学歴なのに未成熟な男たちの離婚の理由 - 稲田豊史


3組に1組は離婚する時代。しかし、細かい離婚の顛末は案外知らないし、男性側からの言い分を聞く機会は少ないのではないだろうか。『ぼくたちの離婚』を上梓したばかりの稲田豊史さんに男性の離婚事情をご寄稿いただきました。


「離婚の原因」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。平成29年度司法統計によると、男女ともに原因の1位は「性格が合わない」だが、ざっくりしすぎていて、よくわからない。ちなみに、男の2位は「(妻が)精神的に虐待する」、女の2位は「生活費を渡さない」である。

筆者はここ1年半ほど、離婚した男性へのインタビューを行っている。ルポ連載用の取材だが、実際には企画を構想した4年ほど前から離婚話を意識的に収集しはじめた。そんな彼らの離婚原因で特に目についたのが、「男が夫という役割を担えない未熟さ」だ。

なお企画の性質上、離婚男性のサンプルは偏っている。簡潔に言えば「東京圏在住の30代後半〜40代で、知的職業に従事する、比較的高偏差値・高学歴の男性」だ。
「守ってあげたい」がわからない夫

10年前、31歳の時に離婚した田中元基さん(仮名、41歳)は、「相手を“守ってあげたい”という気持ちがまるでわからない」という。「元妻の里美(仮名)は僕に、夫として、未来の父親として、家長としての立ち居振る舞いを求めていましたが、応(こた)えてやれませんでした」
 
では、なぜ結婚したのかと聞くと、こんな答えが。「里美は僕よりずっと学歴が低くて、職種もごく普通の事務職。キャリアへのこだわりもない。誰かと結婚して子供を作ってお母さんになって生きていく以外にプランがないように見えました。僕はそんな彼女のことを哀れんでいて、かわいそうな存在だと思ったんです。だから7年も付き合ったあげく放り出したら、この人は生きていけなくなるだろうと不安になり、結婚しました」

田中さんは4年前に5歳年上の女性と再婚しているが、その理由は「金銭的にも精神的にも支える必要がないから」。再婚相手の収入は田中さんより上だそうで、ふたりの間に子供はない。
家族が得意じゃない夫

橋本亮太さん(仮名、39歳)の場合、結婚願望も子供願望も皆無だったが、大学時代から8年付き合った2歳年上の優子さん(仮名)を「30歳手前で放り出すなんて、さすがにひどいなと思って」結婚。優子さんの望みに応じて子供も作るが、「いくら子供の顔を見ても、前向きな責任感や沸き立つような愛情が生まれてこなかった」という。

橋本さんが小さい頃、両親は不仲で、父親は外に女を作っていたが、母親は黙って我慢していた。それを目の当たりにしていた橋本さんは、「無理に結婚を続けても、いいことなんてひとつもない」と胸に刻みつけた。

また、橋本さんは中高一貫校の寮生活時代に人間関係の軋轢で悩み、人間不信になってしまう。そして18歳にして、「他人と交わった気になっても、本当に交わることなんてできない。人は結局ひとり」と悟ったそうだ。

橋本さんに離婚の理由を聞くと、「家族が得意じゃないから」と即答。「“ささやかな日々の幸せ”とか“家族と一緒にいて、なにげない時に幸せを噛みしめる”みたいな感覚が、わからない」と、終始繰り返していた。
赤ちゃんが壊れそうで抱っこできない夫

吉村健一さん(仮名、38歳)は、「たまに人からアスペ(アスペルガー症候群)っぽいって言われるんです」と自己紹介した。「理論的なアドバイスをして嫌がられる」「意味もなく相槌を打つのが苦痛」「論理的じゃないことが耐えがたい」という。

一流大学を出て大学院にまで進学した吉村さんは、学生演劇に没頭し、一時は芸能事務所にまで所属してTVドラマの端役などを得る。が、売れることなく役者を諦めて就職。大学時代から付き合っていた奈美さん(仮名)と結婚した。吉村さん自身に結婚願望はゼロだったが、「長く付き合っていて情が湧いたから」結婚を承諾したそうだ。

しかし奈美さんが妊娠した頃から、吉村さんは「もう一度役者をやりたい」という気持ちが抑えきれなくなる。結局、仕事と二足のわらじで舞台に立つが、家庭はないがしろに。産前産後の奈美さんのケアも、子供の世話も、一切やらなかった。

そればかりか、吉村さんは生まれた子供を抱っこできなかったそうだ。理由は「赤ちゃんが壊れそうだから」。やがて別居し、離婚した。



就職するのに学歴が大きく左右する事は半ば常識化していますが、結婚の場合は関係がないとしか。せいぜい低学歴の人間とは結婚したくないと言う発想の人間は大勢いるでしょう。それだって、低学歴だと大して稼ぎのある職に就いていないだろうと言う目安になると言う事だけの事であって、夫婦生活のスキルのありなしとは関係がないと言う事になるのではないでしょうか。
よしんば大学通っても、その足しになる事は教えてくれないと言う事なのですな。大卒だって万事高卒以下より優れているとは限らないと言う事です。俗にエリートと称されている人間だって、専門外の事ではとうしろうだったり、愚図立ったりなんて事は良くある物です。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< 君主の出撃23 | ホーム | 心のままに大暴走・追加5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP