FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いわゆる大朝鮮

「世界文明の起源は中国」!? 中国の特色ある自信が暴走中


<お金に対する過信と民主主義に対する不信が、中国人さえも信じない奇妙な研究成果を生み出した>

「英語は中国語をパクった言語。勝手に中国語の一部を切り取っている。例えばアルファベットの『A』は漢字の『命』の上半分。『B』も耳偏。英語の『go』は中国語の『狗(イヌ)』と全く同じ発音だが、中国人が猟犬に指令を出すとき、いつも『狗! 狗!』と呼ぶので、英語にパクられた」――。

ジョークでも笑い話でもない。中国人作家の立派な研究成果だ。これとは別に、著名な法学者・杜鋼建(トゥー・カンチエン)の「世界文明の起源は中国・湘西地方(湖南省西部)だ」という大発見もある。これらは書籍として出版され、シンポジウムも開かれた。ただしSNSで笑われ、「奇書」とからかわれたが。

中国人さえ信じない「研究成果」「大発見」が、なぜ厳しい検閲のある中国で出版され、シンポジウムまで開かれるのか。

それは「文化の自信」のためだ。習近平国家主席の言葉で、「制度の自信」「道の自信」「理論の自信」と合わせて「中国の特色ある社会主義の4つの自信」と呼ばれている。貧しかったトウ小平時代の外交スローガン「韜光養晦(とうこうようかい)」とは違う。豊かな強国ぶりを誇示するため、「中国の特色ある自信」を唱える時代になったのだ。

金持ちの中国人は自信満々だ。今年の夏、カナダ・トロントで中国人留学生がフェラーリの車列で金満ぶりを見せびらかしながら、香港デモの支援者を「貧乏野郎!」とあざ笑った。豊かになった中国人はもう民主主義を信じていない。なぜか。西側諸国を見れば分かる。民主主義だけじゃ飯は食えない。だからアメリカもトランプのような大統領を選んだ。民主主義って本当にいいものなのか?――かつて民主主義に憧れた知識人・文化人にも疑いの芽が生まれた。お金に対する過信と民主主義に対する不信が、「中国の特色ある自信」を支えている。その結果、出現したのが冒頭の「研究成果」だ。

この40年間の中国の経済発展は確かに奇跡だ。ただし、これは開放された中国社会と西側諸国との協力関係によって実現した。中国の特色ある社会主義ゆえ、ではない。

自信は良いものだ。しかし実力にふさわしくない自信はただの無知。謙遜を失った自信はただの傲慢でしかない。

【ポイント】
杜鋼建
中国・湖南大学法学部教授。英語は古代中国語から生まれた言語で、イギリス人は湖北省英山県からやって来た、とも主張している。「英語中国起源説」の代表的論者。

韜光養晦
1990年代にトウ小平が強調した中国の外交方針。「才能を隠して、内に力を蓄える」という意味で、天安門事件の批判をかわしつつ、米中の実力差を埋める狙いがあった。

<本誌2019年11月26日号掲載>



世界の四大文明の1つが中国から出ていると言う事を思えば、多少は信ぴょう性のある事だと言えなくもないのですが、結局のところが、やっている事は韓国と大して違わない訳でして、いわゆる大朝鮮状態なのですよ。よしんば先祖が偉大でも、中国の場合は、それからの進歩がない、偉大な先祖に便乗したまんまの愚かな子孫が出来上がったと言うべきですな。
もっとも、中国の場合は、そうした偉大な先祖との接点も怪しい物でして、単に住んでいる場所が同じだけの赤の他人と言うだけに過ぎないだけでもあるのですがねぇ。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< 君主の出撃24 | ホーム | となりの半島・追加5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP