FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

結婚時に新規に住居の購入が当然な訳だ

30年で倒壊する我が国の建物に対し、「日本の建物はなぜ堅牢なのか」=中国


上海などの大都市では高層ビルが林立しており、日本では見かけないような超高層ビルも中国では珍しいものではなくなった。みるからに立派な高層ビルが存在するようになった中国だが、中国人からすると日本の建築物には「目を見張るものがある」のだという。

 中国では1990年代に建てられた建築物がものの30年ほどで「崩壊」してしまう事例が相次いでいるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の建築物はなぜ「堅牢なのか」と疑問を投げかけ、その理由を考察する記事を掲載した。

 記事は、中国の建築物のなかには極めて寿命が短いものも少なからず存在しており、海外では30年ほどで崩壊してしまう中国の建築物を揶揄(やゆ)する声も多いと紹介。続けて、日本では1960年代に建築されながらも、今なお現役で使われている建物は少なくないと紹介し、しかもその見た目は「とても50年以上も経過しているとは思えないほど」だと論じた。

 さらに、中国のマンションなどでは「漏水」などのトラブルは珍しいことではないと指摘する一方、日本では漏水などは滅多に起きるものではないと指摘。日本の建築物の寿命が長く、倒壊や崩壊を恐れずに使い続けることができ、さらには漏水などのトラブルもほとんど起きないのは「日本人の匠の精神のおかげなのではないか」と伝えた。

 さらに、日本の建築工事では手抜き工事がなく、建築資材に対する品質管理が徹底され、施工工事も丁寧に行われていると伝え、日本では建築工事に携わる人は高い専門性を有するうえ、妥協なく真面目に工事に取り組んでいると強調。中国のマンションでは排水管などを「後々のメンテナンスを無視して、コンクリートに埋め込んでしまう」こともあるほどで、「ばれない」場所ほど手抜きが多い傾向にあることを紹介。こうした作業の質の違いが、建築物の寿命の差になって顕在化するのではないかと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



往々にして、中国では結婚に当たって、新たに住居を購入しなくてはならないと言う事がレコチャやサーチナあたりで記事になっていますが、案外こうした建物の寿命が短いのとリンクした話なのではないでしょうかと昨今思う次第です。
わが国の江戸時代的な発想に基づくならば、次男坊以下は他家へ養子に出なくては実家で部屋住み状態ですから、そう言う人間ならば、現代にあっても、必然的に独自に住居を持たなくてはならない訳でして、そう言う条件にある人間ならば、購入と言うのはありかも知れませんが、後継ぎたる長男ならば、親が持っている家を継承すればいいのではないかと言う気にもなるのですが、そうした条件にある人間だに、新たに住居の購入が必然だとしたら、建物の寿命が短いからと言えば、納得が行くと言う物です。


クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< いちいち外国に合わせなくてはならない筋合いはないからな | ホーム | そう解釈するのは中国的なんだろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP