FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

夫婦別姓は無責任

唐突ながら、わたしは郵政公社において配達の仕事をしています。その過程で、自身も少なからず間抜けな行為に突っ込んでしまいますが、一方では、受取人の側がそれをはるかに上回る馬鹿行為に突っ込んでいる現実を目の当たりにしています。


その1つとしてあるのが「夫婦別姓」であります。ただいまの日本においては、夫婦別姓は公式に認められておらず、現状としては非公式に用いられているのが仕事を通じて知ることができます。


まあ、早い話が、夫と同居する女性が世帯主たる夫と異なる姓で、自身宛の郵便物を受け取っているのですよ。当然、全ての女性がどいつもこいつもというわけではなく、あくまで一部の女性ということになるのですが、わが業務の立場からすれば、そうした行為は単なるサボタージュに他ならないと言いたいです。


配達業務の立場からすれば、同居する人間の構成なんぞは、夫婦の関係にあろうが、ヨーロッパ並みにWGでもかまわないのですよ。ただ、居住者は自身の居住地におのれの氏名を示すべし! 若い女性の1人暮らしでも姓くらいは出すべし! それさえやってくれれば、夫婦別姓だろうとかまわんでしょう。


しかーし、現実はと言うと、夫と異なる姓を表札に出すことなく、自身の独自の姓で郵便物を受け取る女性が少なくないのです。その場合、相手を呼び出して「住所同じですが、よろしいですか?」とお伺いする必要に迫られる場合もあります。当然相手は「わたしです」なんぞと返答する人もいる訳です。馬鹿野郎!


ちなみにわたしの勤務地では、1軒の建物に1つの番号が振られている、「住居表示」と言う奴が行き届いているために、こうしたこともできるのですが、まだまだ日本全体では、それが行き届かずに、三桁か四桁の番地どまりの番号が何件かで共有と言うところも多く、そのような場合は、番号だけでは一軒の家を特定すること自体が困難で、ましてや、表札も出さない姓の人間がどこに住んでいるかを特定するのはほとんど不可能だと思われます。


さて、夫と異なる姓で自分宛の郵便物を受け取る行為は自然にできる事ではなく、確信的な意図が働いて成り立つ訳で、いわゆる故意という奴ですな。そもそも、夫と同居する身の上で、夫と異なる姓で自分宛の郵便物を受け取るメリットってあるんですかねぇ。


こうした行為はフェミニストの主張なんでしょうか。夫と同じ姓にそろえることは、「女が男に従属することを意味し、男女平等に反する」とでも思っているのでしょうか。


別段、夫婦別姓をしたからといって、万事が丸く収まるとは思えません。子供の姓はどうなるんだ、と言う事ですよ。結局のところが単なる自己満足でしかなく、真なる男女平等へと発展しては行かないでしょう。


それに夫婦同姓は夫の姓に合わせるばかりではなく、その反対のほうも認められている訳ですから、そちらのほうも考えたらどうでしょうか。今の法律ではどちらでも良いと認めているわけですから。


むしろ、昔のほうがそうしたことが多かったのではないのでしょうか。入り婿ともなれば男性のほうで妻の姓に改めると言った試しも多かったのですが、今では、夫が妻の実家に、一時的だか恒久的だかは知りませんが、同居と言う事態になっても、妻のほうが改姓するというのが普通です。また、今流行の?二世帯住宅でも、二つの姓が並存するのを多く見かけます。これも、妻が夫の姓に改めたことを示しています。


今では昔ほど、実家に親と同居と言うケースが多くなく、別居して独自の住居を持つ以上、夫のほうも妻同様親と離れた状態にあるわけで、そこにはどちらの姓に統一するかの選択肢は平等になっていると思います。要するに妻の姓で統一してもかまわないでしょう。


にもかかわらず、フェミニストの側からそうした主張があったわけでもありません。単なる夫婦別姓の主張のみ。ひょっとしたら、そこにはある種の無責任が潜んでいるのではないのでしょうか。


現状では夫婦別姓に反対! クリックお願いします。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



テーマ : ジェンダーフリー - ジャンル : 政治・経済

<< ベトナム「交通戦争」 | ホーム | 週間アジア第22号 >>


コメント

表札に並記すればいいのですよね

郵便配達のお仕事、いつもありがとうございます。
管理者さんを不快にさせているのは、受取人となる氏名を表札に出していない家があることですよね。夫婦別姓だけではなく二世帯同居など、受取人の氏が複数となる可能性があるなら表札は並記すべきということ、私もそうだと思います。
私の知り合いで夫婦別姓にしているご家庭の多くは複数の氏を表札に列挙していますよ(表札が間に合っていないのは多いのかしら。。)。ちなみにうちはポストに夫の氏と私の氏、両方並記しております。さらに混乱を防ぐべく、たまに「(夫の氏)様方」をつけておくこともあります。郵便物や荷物が戻ってしまうと困りますから(苦笑)

夫婦別姓を待つ身さんへ

はじめましてー、夫婦別姓を待つ身さん。 (^∀^)

夫婦別姓ならずとも、奥方様のご両親が同居ともなれば、一軒に複数の姓の方が同居します。
いずれの場合でも、居住する姓の分だけ表札を出していただければ、こちらとしても、配達に困る可能性は減少します。
受取人の側で、そうした配慮をしていただければ、業務上、夫婦別姓にけちを付ける必要もないのですが。よろしくお願いします。
<(_ _)>

こちらイタリアは別姓がふつうです。
なんでも法律がかわったんだっけかなあ・・。
不勉強で、よくわかりまへんが。
わたしは表札に夫と自分のフルネームを掲げていますが
それでも郵便物は誤配達がおおいです。(泣。

毎日、郵便配達業務お疲れ様でございます。
夫婦別姓で受取りをしている家庭があるとは、知りませんでした。
私は、婚姻してそのまま同姓なので・・・・・・
こんな下世話なことを書き込んでいいのかわかりませんが、
どうも、私の旧姓での姓名判断では総画が大凶数だったらしく
一日も早く、結婚するか養子縁組するかして姓を変えなさいと
独身時代に忠告されたことがありました・・・・・・
あまり占いは信じないほうなんですけど、現在の姓になって、
平穏な人生になりました(笑)
幼少期~結婚前までは正直、波乱万丈でした(笑)
信じたくないんですけどね・・・・・

訪問者の方々へ

>ぴちょさんへ
イタリアでは、別姓が普通。それは初耳ならぬ初目ですな。それでは、ぜひとも双方姓を出しておかなくてはいけませんね。それでも誤配が多いとは・・・。(ToT)トホホ

>お竜さんへ
旧姓が大凶? アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! そうすると旦那の刀舟さんは福の神ですかな? (゚▽゚)ノ イェイ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP