FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

やりすぎはいけないと言う事

中国の「献血大王」が48歳で死去、総献血量は成人15人分に相当―中国メディア


11年間で106回の献血を行い、中国で「献血大王」と称されていた男性が先日、48歳で亡くなった。中国メディア・北京晩報のウェブサイト、北晩新視覚が11日に報じた。

記事によると、湖北省孝感市の汪炎平(ワン・イエンピン)さんは2005年の春節に弟と初めて献血を経験した際、医師の「献血をしても自分が傷つくことはないし、他人を救うことができる」という言葉に感銘を受け、以後習慣的に献血を行うようになった。十分な間隔を空けた上で定期的に献血に訪れ、全血献血や成分献血を続けてきた。

記事によると、汪さんが11年間で提供した血液は73.6リットルにもなり、これは大人15人分の血液量に相当するという。汪さんはその功績をたたえられ、「全国ボランティア献血貢献賞」など複数の賞を受賞。CCTV(中国中央テレビ)が決定する「三農人物(農村、農業、農民にまつわる問題に貢献した人物)」にも選出された。

汪さんは周囲の人々にも積極的に献血を促した。初めは友人や近所の住民の理解を得られなかったというが、「自分ひとりが何度も献血するより、大勢の人が一度でも献血に参加することの意義の方が大きい」との考えの下、献血を勧め続けた。その結果、孝感市鶏公洲村からは300人以上の村民が献血に訪れ、村は「全国ボランティア献血促進賞受賞区」という称号を得るまでになったという。

しかし、汪さんは2016年10月、転倒がきっかけで下半身に重度の麻痺を患った。入院生活が続く中、汪さんの病室には多くのボランティアが見舞いに訪れ、汪さんも「早く回復してまた献血がしたい」と前向きに語っていたというが、先日帰らぬ人となったという。

遺志に基づき、汪さんの遺体は武漢市へと運ばれ、角膜やその他の臓器は医学の研究に活用されるそうだ。(翻訳・編集/岩谷)



はっきり言って、年数からしたら、その回数は多すぎたと言う事につきます。わが国でならば、1年レベルだと3回が上限だと定まっているはずです。そう言う決まりからしたら、さながら腎虚みたいな結末のように感じられます。どっちもやりすぎと言う共通点があります。
要するに、中国ではそのような上限は存在していなかったと言う事でして、まあ、そもそもそこまでやってくれる人が存在すると言う事自体想定外だったと言う事なのでしょう。


クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< セルフ制裁と揶揄られる韓国 | ホーム | 世界一の馬鹿・7 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP