FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中国の制度からすれば、大それた事だろうな

史上最長在位となった安倍首相、どうしてこんなに安定した政権運営ができるのか=中国メディア 


中国メディア・東方網は2日、昨年11月に首相在位日数が史上最長となった安倍晋三首相について「どうして安倍氏は日本人から歓迎されているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、安倍首相が2012年12月に首相に返り咲いて以降、すでに3期連続で首相の座に就いていると紹介。2006年に初の戦後生まれ首相、最年少首相となった第1次政権を合わせると、すでに4回も自民党総裁に当選し、首相を務めていることになるとした。最初の首相在位期間は1年足らずと短かったものの、第2次政権はすでに7年以上経過しており、支持率も比較的高い水準で推移していると伝えた。

 そのうえで、安倍首相が長期政権を確立し得た理由として、まず経済発展を大々的に促し、国民生活の改善に取り組んでいる点を挙げた。東日本大震災の影響を受けるとともに、デフレ不況に苛まれていた日本経済を刺激する政策を次々と打ち出し、経済を少しずつ低迷状態から浮上させていったとしたほか、教育では昨年10月に幼稚園の無償化などを実現し、高齢化問題でも各種介護、養護施設を増やす動きを見せたとしている。

 次に、隣国との関係改善に積極的に取り組んだことも、首相の手腕を評価される一因になっていると解説。中国などとの関係改善は、経済的な利益をももたらしたと伝えた。さらに、岸信介元首相を祖父に、政府や自民党の要職を務めた安倍晋太郎氏を父に持つ「政治一家」の家系に生まれ、育ったことも安倍首相の安定した政権運営に影響を与えているとの見方を示した。

 第2次安倍政権がこれだけの長期安定政権となった背景として、記事が紹介したポジティブな面のほかに、07年から5年間連続で1年ごとに首相が交代する不安定な政権運営があったことも見逃してはならない。そしてまた、安倍首相以外に現状で首相を任せられる人物がいない点も「追い風」になったと言えるのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


日本側の解釈もおかしな物でして、議院内閣制がなかった時代も一緒に勘定の対象にしていますからな。条件が違えば、一概に総理の在位が長いと言う事の意味も違ってくると思うのですがねぇ。まあ、もっぱら戦後だけで勘定しても、今の総理がいちばん長いと言う点では間違いありませんがねぇ。
ドイツにしても、今どきのメルケルなどは、議院内閣制のなかった第二帝国の頃の、ビスマルク以外には全て勝っているし、議院内閣制が確立したヴァイマル体制に至っては、内閣の交代などは日常茶飯の体をなしていましたからな。
さて、我が国の場合は、かつては天皇に対して責任を取ると言う事も、戦前の内閣のある種の短命さを運命付けていた事もあるのでしょうな。議院内閣制では、内閣とは国会から選ばれた存在ですから、場合によっては、てめえで決めておきながら、今さら不信任とは何事かと居直れる事も可能ですからな。
それに引き換え、中国は、いまだに複数政党制が存在する事はなく、その単独の政党の中ですら民主制が存在しているとも言えない状態ですからな。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 










スポンサーサイト



<< 狂気が増幅だ・8 | ホーム | 今も古代的発想が幅を利かせる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP