FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

子供を利用して儲ける手段が容易と言う事か

子どもの誘拐を常に警戒する中国の親、日本では警戒がほぼ不要な理由=中国


中国では子どもの誘拐事件が多発しており、誘拐などによって行方不明になる子どもの数は年間で20万人ほどに達するとも言われている。それゆえ、子どもが小学校に登下校する際には保護者が送り迎えをするのが当たり前のこととなっている。

 東京などでは低学年の小学生ですら地下鉄やバスを乗り継いで登下校するのは珍しい光景ではない。中国メディアの今日頭条は、日本で子どもの誘拐や人身売買がほとんど発生しない理由について考察する記事を掲載した。

 中国では人身売買などを目的に誘拐する犯罪者を「人販子」と呼ぶが、記事は「中国では誰もが自分の子どもには細心の注意を払っている」としながらも、それでも「子どもが人販子にさらわれて行方不明になったという報道をしばしば耳にする」と紹介。

 そして、「人販子」は一人でいる子どもに対して「賢いね」、「可愛いね」などとおだてながら近づき、子どもの警戒心を解きつつ、隙をみて連れ去ると伝え、中国では「子を持つ親ならば、誰もが子どもが誘拐されることを警戒している」と指摘した。

 一方で記事は、日本では子どもが誘拐されるような事件はほとんど発生せず、子どもたちだけで登下校が可能だと紹介し、これは「日本では誘拐罪には厳罰が下る」ためではないかと主張。未成年者を誘拐した場合は懲役3カ月以上、7年以下の刑となることを伝えたほか、誘拐された子どもを買った側も同じように刑罰が科されると紹介した。

 中国の場合は子どもの誘拐に対する罰が軽すぎると指摘し、子どもたちが安心して暮らせる社会のためには「人販子」に対して厳罰を与える必要があると訴えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



わが国の場合は、子供誘拐の「効能」と言えば、身代金要求と言うのが相場と決まっていますから、そう言う意味では、誘拐に走る条件が制約されていますな。それに対して中国の場合は、親に対して身代金を請求すると言う発想は低いのでしょうか。それがない分、誘拐に走るハードルが低いのでしょう。児童労働に供するか、転売するか、それらは少なくとも身代金よりも容易にできそうな話ですな。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< 姓の元の意味64 | ホーム | 人権意識がなければ自国民だに締め出すのに容赦がない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP