FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

そんな状態では我が子に後を継がせたくもないだろう

「後継者がいない」…韓国中小企業の半数は事業整理


昨年12月27日午後、韓国の首都圏近くのある農業機械メーカーを訪れた。黒い作業服姿のA社長が直接軍手をはめ、トラクターの連結装置を点検していた。A社長の会社は年間40億ウォン(約3億7000万円)台の売り上げに加え、特許2件と品質管理認証(ISO 9002)までも確保している堅実なメーカーだ。ところが、70歳を目前に控えたA社長は最近、夜もぐっすりと眠れない。A社長は「いつの日か私が倒れるようなことにでもなれば、この工場は丸ごと古鉄と化してしまうが、後継者がいない。非常に残念だ」と肩を落とす。金融会社に通う娘がいるものの、父の会社には全く関心を示さない。3年前に2番目の婿がしばらく働いたことがあったが、2年で辞めてしまった。月に休日は1、2日で、毎日朝8時から会社に出勤して工場を回し、代理店までを管理するのが大変だとの理由だった。揚げ句の果て、A社長は会社を売却しようとまで考えた。しかし、買収を名乗り出た者は一人もいなかった。

 韓国の中小企業の経営者が高齢化した上、後継者を探すことができず、存続の危機に追いやられている。何よりも世代交代が急を要しているが、製造業や企業の経営者に対する社会的蔑視、経営環境の悪化、相続税の負担などで子どもや専門経営者など後継者を探すことが難しくなってきているのだ。数十年にわたって黙々と韓国経済と輸出を支えて来た中小企業の没落は、韓国製造業の生態系の崩壊につながると警告する声もある。

■中小企業の半数「後継者に譲る計画なし」

 京畿道安山市の半月工業団地で30年にわたって機械部品の製造を行ってきたBさん(65)は、20年前に工作機械での作業中に誤って指を1本失ってしまった。Bさんは「この業界で指が10本ある社長は珍しい」と冗談交じりに話す。「健康状態も良くないが、従業員に月給を支給すると残るものは何もない。それでも技術者というプライド、韓国経済のとりでといった一心で耐え忍んできたが、これまで養ってきたノウハウは私たちの代で失われてしまう」と嘆く。

キム・ボンギ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


韓国の場合は、大企業と、それ以外との格差が大きい事が指摘されています。
ことわざでは鶏頭牛後なんてのがありますが、韓国の場合は、その反対で牛後鶏頭なんじゃないでしょうか。よしんば平社員てあっても、大企業に属していれば、系列に属する中小企業の、よしんば社長相手でも上から目線で臨む事ができるなんて話もある訳だし。そんな有様では、親の立場では、積極的にわが子を後継ぎにする事よりも、大企業で雇ってもらえるようにしたくもなるでしょうよ。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< とどろく姦酷・7 | ホーム | そこまで行きつければお慰みだが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP