FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

息子だに経営者の駒でしかない

家族経営なのに実父の社長に虐げられる30代男性「最終的には辞めるか、ガチガチに縛られる覚悟で残るか」

(前略)
「建築業界に法律は適応されない」と父親を擁護していたが……

妻は結婚直後、社長、つまり義父から嫌がらせを受けていた。以前はそんな妻の意見に対し、男性も批判していたという。

「当初は妻から、会社のやり方について『それ、おかしいよね?』とアドバイスされても、私は親の言うことの受け売りで『建築業界に法律は適応されない』『中小企業を知らないからだ』とバカにしていました」

しかし、働いていくうちに「妻の言うことの方が正しいのでは?」と疑問を抱くようになった。それを父親に話すと、「お前は妻に騙されている」と取り合ってもらえなかった。

それがきっかけで、「会社都合で休まされたにも関わらず給料が支払われなかったり、休日出勤時の振替休日も取らせてもらえなかったりした」という。そんなある日、夫婦揃って呼び出された。

「敢えて威圧的に自主退職へ追い込むのが父のやり方」

「父は妻に『お前が入れ知恵しているせいで、息子は会社と家庭で板挟みだ。離婚してやってもらえないか』『初対面から信用できない女』と業務とは関係ない発言をぶつけました。妻も『間違ったことは言ってない』と反論しましたが、父は聞く耳を持たず」

結局のところ父親は、「最終的には辞めるか、ガチガチに縛られる覚悟で残るか二つに一つだ」と言い放った。そんな父親について、

「会社の金を私利私欲のために使い、社員に正当な給料を払わず、休みも与えません。利用価値がなくなったと思う人間をクビにする際、敢えて威圧的に自主退職へ追い込むのが父のやり方です。暴露すれば山ほど悪事はでてきます」

男性は現在も働いているが、「辞めるつもりでいます。辞めたら親子の縁も切るつもりです。あの父には悲惨な最期を迎えて欲しいと切に望んでいます」と胸の内を明かした。



家族経営となると、往々にして、経営者の一族だけがおいしい思いをすると言う話がありますが、これは例外的なケースでしょうか。結果的に息子だに、社長に批判的だと排除されると言うリスクを負っていると言う事になりますが、社長的には、息子たるもの、どうして自分に反する考えを持つのだろうかと、さながら両さん的な発想に至っているのでしょう。同時に息子の妻も、どうして自分に対してそのように批判的な考えを持つのだろうかと不思議がっているのかも知れませんね。自分に唯々諾々していれば、息子の嫁として、さらには次期社長の妻として厚遇するつもりだったのに、愚かな奴だ、怪しからん奴だと言う風に思っては、離婚してもらいたいのです。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ













スポンサーサイト



<< とどろく姦酷・8 | ホーム | それは往々として二重の苦労の時期である >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP