FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

子供の意志は問われぬ③

「子供の意志は問われぬ」第3回目です。
不法滞在の時に限って、往々として子供が日本に居つきたがっていると言う主張がなされと言うのに、ある種の違和感を持った物です。むしろ合法的滞在の時にこそ、そうした子供の意志が問われるべきではなかったでしょうか。しかし、どうやら現実は不法滞在の時ですら、基本的に子供の意志が問われる事がなく、不法滞在が発覚してから、遅まきながらに子供の意志が問われると言う有様でして、結論から言うのならば、所詮そんな物は、不法滞在と言う犯罪の踏み倒しに徹するための詭弁、便法に他ならず、本来の意味での子供の意志なんかは結局問われる事などなかったと言う事なのです。
すなわち、親の意志に反する形での子供の意志なんかはなかった物とされると言うのが実情でして、そうなってくると、不法滞在が発覚した時になされる、子供が日本に居つきたがっていると言う主張も十分に怪しいと言うべきでしょう。でっち上げだと言う可能性が高い物だとみて良いでしょう。
さて、合法的滞在に時こそ、すなわち、普段からあらかじめ子供の意志と言う物が事前に問われてしかるべきなのですが、ある者にとっては、そんな物は決して問いたくない事なのでしょう。連中にしてみれば、外国人が日本に居ついてなんぼのようでして、そうした事に関する障害となる物は排除したい所でしょう。
不法滞在だからこそ、子供が日本に居つきたがっていると言う主張を声高にする意味と言う物があるのであって、むしろ合法的ならば、退去を強いられる事がないと高をくくれれば、そのような主張をする必要などない訳でしょう。居つけて当たり前の状態にあるからです。
そんなある種の安全な状態にあるのであれば、別段子供の意志など問う事など、ある者にとっては何の得にもならないのです。却ってやぶへびと言う物なのです。黙っていれば、居つけて当然の状態にあるのに、わざわざ子供の意志など問うて、まかり間違って、子供たちが日本に居つく事に対して親ほど熱心でないと言う事が発覚したならば、無理に入国させるべきではないと主張しなくてはならないでしょう。自分の主張する所はそう言う事なのですが、ある者にとっては、そのようにしたくないようですから、あえて子供の意志なんかは普段から問わないと言う事が必然だと言う事なのです。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ


















スポンサーサイト



<< 登場人物の配置と設定⑱ | ホーム | 奴らはいつでも狂っているよ・12 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP