FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

安易にそれを楽と言ってはいけない一例

警備員あるある「トイレに行きたくても抜けられない」「花火大会で5時間立ちっぱなし」


大成広告社は2月12日、「警備員の働きがい」に関する調査結果を発表した。調査は1月に実施し、関東在住の40~60代の警備員112人から回答を得た。

警備員になった理由を聞くと、1位は「働く時間が自由だから」(17.9%)だった。このほか「制服への憧れ」(6.2%)、「給料が良いから」(5.4%)、「かっこいいから」(3.6%)などという人もいた。

「台風で一体いつ仕事が終わって帰れるのか全く見当が付かなかった」(56歳)

一方、大変なことを聞くと、過半数が「立ちっぱなしが大変」(52.7%)と回答。次いで「とっさの判断を求められる」(45.5%)、「クレーム対応が大変」(44.6%)、「問題が起きたときの緊張感がある」(43.8%)などが続いた。

実際に、警備員の特徴的なエピソードを聞くと、

「台風など災害で国道通行止めの際、3日間ほど延々持ち場での仕事が続いたりする事もあった。一体いつ仕事が終わって帰れるのか全く見当が付かなかった」(56歳)
「お腹の調子が悪く、急にトイレに行きたくなった時があった。ただ、抜けられず冷や汗をかいた」(64歳)
「花火大会の雑踏警備をおこなった際、人員削減でギリギリの人数で行ったため、5時間立ちっぱなしだった」(58歳

といった声が寄せられた。また、中には「警察官と間違えられる」(51歳)という人もいた。



よその記事では、こうした仕事に就いている人に対して、立っているだけで金になるになるなんていいねぇ、と言う嫌味を言う人がいましたが、その立っているだけと言うのにも相当な苦労があると言う事なのです。決してそれを楽だなんては言ってはいけないのです。それが楽にやれる仕事だと言う認識一辺倒で済まされるのであれば、ある種の人気業務として、人手不足なんてありえないでしょう。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< 奴らはいつでも狂っているよ・9 | ホーム | 乗り換えが容易じゃないなら、その分運が必要だな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP