FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

乗り換えが容易じゃないなら、その分運が必要だな

「仕事の自信」日本は世界22カ国で最下位 成功するために重要なものに唯一「幸運」が入る


リンクトイン・ジャパンは2月12日、「仕事で実現したい機会に対する意識調査(Opportunity Index 2020)」の結果を発表した。経済状況や幸福度、仕事で成功する自信などを算出。22か国の18~65歳3万人以上から回答を得た。

「100点」を自信の基準得点とした場合、日本は「仕事で実現したい機会」で80点となり、22か国中最下位で、仕事に対して最も悲観的で自信がないことが分かった。一方、トップ3は「インド」(121点)、「インドネシア」(117点)、「中国」(116点)だった。

日本、”良い生活”に重要なトップ3「健康」「精神」「仕事」

このほか、点数が基準を上回ったのは「アラブ首長国連邦」(115点)、「フィリピン」(111点)、「メキシコ」(107点)、「ブラジル」(105点)、「アメリカ」(104点)の8か国。

一方、日本に次いで低かったのは「フランス」(85点)、「イタリア」(87点)、「スペイン」(90点)、「イギリス」(91点)といったヨーロッパの国々だった。

続いて「人生で成功するために重要なこと」を聞くと、日本の1位は「一生懸命働く」(72%)に。2位には、世界で唯一「幸運」(66%)が上位にランクインし、以降に「機会均等(社会的平等)」(62%)、「汎用性のあるスキル」(60%)、「変化を喜んで許容する」(57%)だった。

世界平均でも「一生懸命働く」(81%)が同様に1位になった一方、2位以降は「変化を喜んで許容する」(80%)、「ふさわしい人々とのつながり」(76%)、「機会均等(社会的平等)」(75%)、「学歴」(74%)と続いた。

「仕事に求めること」については、日本では「ワークライフバランスが優れている仕事」(35%)が1位に。以降に「家族や友達と充実した時間を過ごす」(34%)、「雇用の確保」(32%)、「身体や精神をアクティブに維持する」(30%)と続いた。

世界平均では「ワークライフバランスが優れている仕事」「好きなことができる仕事」(各40%)が1位。3位以降は「雇用の確保」(38%)、「家族や友達と充実した時間を過ごす」(36%)、「身体や精神をアクティブに維持する」(33%)と続いた。

次に「良い生活にとって重要な要素」を聞くと、日本のトップ5は「良好な健康状態」(52%)、「精神的な豊かさ」(35%)、「安定した仕事」(26%)、「優れたワークライフバランス」「安定した仕事」(各22%)に。

一方、世界平均では「良好な健康状態」(49%)、「経済的自立」(29%)、「愛情のある関係」(26%)、「優れたワークライフバランス」「安定した仕事」(各19%)だった。


はっきり言って、我が国は相当な高望み社会ですからなあ。そうした欲深な環境にあっては、自信なる物に対するハードルも相当な物となってしまいます。そして同時に転職に対するハードルも高いですからな。今の職場が自分に向いていないと言う認識に立てば、よその国ならば、しれっとよそへ乗り換えるところを、我が国では容易じゃない。容易に乗り換える事が出来ないとなれば、せっかく就いた会社が、良い所か、悪い所かと言う点では運が強く意識されるのもまたしかりなんじゃないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ














スポンサーサイト



<< 安易にそれを楽と言ってはいけない一例 | ホーム | 行きたい国での話だから関心大だろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP