FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

思いつきで日帝残滓をほじくり返す馬鹿ども

【時視各角】日帝強制占領時代の「大権」の使用を禁止すべき(1)

小説家の仇甫氏(注)が2012年11月、ソウル鍾路を歩いている。喫茶店、いやコーヒーショップに入った彼は、キオスクで買った新聞を読みながら眉をひそめた。「おかしな言葉だ」。彼はコートのポケットからスマートフォンを取り出してインターネットを見ている。「どうしてこんな…」。

仇甫氏の目を引いたのは「大権」という2文字だった。大権走者、大権候補、大権動向、大権構図、大権レース。仇甫氏は席を立って書店で法典を調べた。1987年に作られたという憲法のどこにも大権はない。仇甫氏は新聞社に電話をかけた。

「仇甫です。日本帝国主義で使った大権という言葉がまだ使われるとは…どういうことか」。

1930年代の小説の主人公、仇甫氏の言葉のように、日帝強制占領期間、大権は日本の国王を意味した。(以下略。詳細はリンクより)


例にと言うべきか、進歩がないと言うか、あらゆる点で韓国の馬鹿さ加減を具現する一例であります。
これは日帝残滓だ、けしからんといろんな物を糾弾するのは韓国の倣いとなっていますが、裏を返せば、それはすさまじい馬鹿さ加減をさらけ出しているとも言えましょう。
何と言っても、そうした糾弾は比較的最近になって行われる物が多く、それは日帝36年よりもはるかに長く、独立後の韓国において使用されていたと言う事になります。
日本が嫌いで、日帝に関する物は排除の対象とすべしと言う発想自体は、ある種の自然の成り行きなのでしょうが、それが独立直後に行われるのならばいざ知らず、半世紀以上もたった昨今になって行うと言うのは、どう見ても愚かしい行為としか言いようがありません。
何しろ、それまで、糾弾の対象となった物が日帝残滓の物だと知りつつ久しく使用してきたか、あるいはそれに気づかないままに使用してきたか、いずれにしても、それは韓国の反日的メンタリティに辻褄を合わせた場合、愚かしい事じゃないですか。
考えようによれば、それらは国家的な綿密な大事業として、日本色の排斥を行うと言うよりは、単なる個々人の思いつきでなされる物でしかないと言う事ではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

<< 無能願望⑩ | ホーム | とにかく一緒に歩くな >>


コメント

韓国は近代化の過程で、そうとうの日本語が定着しているそうですね。
それらを全て作り変えるならまだしもねえ。
ハングルだと語源がわからなくなるそうですね。ハングル世代は、日本語由来と知らずに言葉を使っている。国語は歴史に通じるから大事ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP