FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

武家社会における名前と地位の相関性①

当ブログを訪問の皆さんこんにちは。周知のごとく、日本の歴史教育は、明治維新以降の近・現代史が自虐に歪曲されていますが、江戸時代以前はそれほどでもなく、たまには肩の力を抜いて楽しめるようなものを、見つけ出しましたので、何回かのシリーズでお送りしたいと思います。


さて、人名ですが、現代ならば、その時のはやりで恣意的に命名すると言うのが当然でしょうが、武家社会の場合は、その家の事情に応じた規則性、相関性というものを見出すことができます。


第1回目として、豊臣秀吉と徳川家康を中心に見ていきましょう。


主が家臣に対して名前の命名を行うことを「偏諱」(へんき)と言います。すなわち、名前を見ることによって、その人物の立場を知る手がかりとなります。


徳川家康はもともとは松平元信と名乗っていましたが、最初の「元」は今川義元の「元」です。これは、松平家が父の代から今川家に従属していたことから来ています。


後に元信は祖父の松平清康にあやかって改名を望みましたが、依然、義元の従属下ということで、元康と依然「元」の字がついた状態でした。


そうした事態から解放されたのが、今川義元が討ち死にした桶狭間の戦いです。息子の今川氏真は、復仇のための兵を挙げるでもなく、そうしたふがいない所に付け込んでの独立だった訳であります。


かくして、元康は織田信長と同盟を締結する一方で、徳川家康と改名したのでした。ここでは同時に改姓もしている訳ですが、松平家は14だか18だかありまして、それらと別の姓を名乗ることで、庶家とは別格だと言うことを示したのです。SFアニメで登場する艦隊旗艦は外観が他の艦と明らかに違うのをよく見かけます。そんな感覚だった訳です。


さて、徳川家康自身の名前は今川家からの独立を示していますが、徳川家全体はいまだ完全フリーの状態とは言えず、織田家の事実上の従属状態にあったと言えましょう。長男の名前が「信康」となっているのはそれを物語っています。


時は移り変わって、本能寺の変を経て、今度は豊臣秀吉が天下を平定しました。小牧・長久手の戦いでの和議で秀吉は家康の息子を養子にとることが決まりました。人質と言う意味もありましょうが、秀吉はこの、家康次男に対して「秀康」と命名しました。


後に小田原の陣があったとき、家康は三男を秀吉の下に人質として送ります。こちらの方は、掛け値なしの人質です。秀吉は「秀忠」と命名して即刻送り返しました。


家康の次男、三男が「秀」の字が付く名前を有しているのは、秀吉への従属を物語っているとみなせましょう。ですが、秀吉の立場から見た場合、同じ家康の息子でも、一方は養子。一方は人質と言う名目があるのにもかかわらず、与える名前の上でメリハリを付けていません。この辺は気になるところです。


ちなみに小田原北条氏の場合、「氏」の字が付くのは主に一族に限られており、家臣に対する偏諱では、その時の当主の下の字が与えられると言うのがほとんどでした。これに倣うならば、秀吉ならば、「吉」の字もそれ相応に使われてしかるべきだと思うのですが、いろいろ調べたところ、そうした事実はありませんでした。


後々紹介する江戸時代の大名に比べて、偏諱を受けたと判断される者を列記してみましょう。


一族として、豊臣秀頼(息子)、豊臣秀長(弟)、豊臣秀次(おい、養子)、豊臣秀勝(信長の息子、養子)、宇喜多秀家(宇喜多直家の息子、養子)、小早川秀秋(おい、養子)、結城秀康(家康次男、養子)など。


その他として、徳川秀忠、小早川秀包(ひでかね、毛利元就の九男で、小早川隆景の養子となる)、蒲生秀行、毛利秀元(毛利輝元の養子)、毛利秀就(毛利輝元の実子)、織田秀信(信長の孫)、織田秀雄(ひでかつ、信長の孫)と言ったところでしょうか。


推測ながら、「吉」の字は、秀吉にとって、特別の意味があったのでしょう。思えば、幼名が「日吉丸」。そして後に木下藤吉郎を名乗り、最終的には豊臣秀吉と終始「吉」の字が付いて回っています。


週間アジアのネタになる記事のストックが多いから、次回はいつの事になるやら。(^0^;) でも、とにかくクリックはお願いしますです。 <(_ _)>  


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



<< Goodな出来事 | ホーム | 少子化対策、外国頼み >>


コメント

この頃の人物を数人しか知らない人間には、名前を見てるだけで目が回りそうですw

阿麗☆さんへ

確かに慣れっこにならないと、二字のうちの一字しか違わないと言うのが良くありますから、区別するのが大変ですな。 (@_@;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP