FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日本ばかりが危険物だと決めつける大馬鹿発言の1つ

安倍晋三の国防軍公約にドン引き女性多数「国出るの声も」

国防軍ができると心配になってくるのが徴兵制度だが、大谷さんは「当然、そうなります」と話す。音楽評論家の湯川れい子さんは、徴兵制度はとても受け入れられるものではないと憂いでいる。


「今、福島には16万人も放射能で家に帰れない人がいるんです。そんな生活を強いられている子どもたちが、さらに将来、徴兵の心配をしなければならないなんて情けないです。やられたらやり返す、武装して日本を守る……。そんなことを子どもに教えていいのでしょうか。日本経済が力を持っていたときは威張っていて、力が衰えて落ち目になると、そんな言葉が男性の本能をくすぐるのでしょうが、女性にはとても受け入れられる話ではありません。国防軍が設置されるようなことがあったら、孫を連れて日本を捨てることも考えます」(湯川れい子女史の発言のみ。他はリンクより)


そう言う妄想を抱くやからは、引き留めないから、とっととトンズラーしやがれ。
ところで、よその国では軍隊があって憲法第九条が存在しない国が珍しくないと言うのに、そんなよその国に居つく事に関してはなんか不安がないのでしょうか。
タイトルの変更ごときで、あまつさえ徴兵制にまで至るとは何とも妄想過多の連中であります。
ちなみに、引用元となった女性自身では、歌手の今井美樹がイギリスへ移住した所、娘が日本に帰りたいとぐずっていると言う記事もありました。
せいぜい、湯川さんは連れて行く孫が同様な思いをしないように因果を含める事ですな。
かように、左巻きのやからは自国民に対しては自国の「危険ぶり」を吹聴している割には、その反対に、そんな日本にやってくる外国人に対しては、何の違和感も持たないのですな。
その多くは、単に不二子っているだけに過ぎないと言うのに、我々に対して譲歩させてまでおもねって歓迎する馬鹿さ加減。
我が国の危険ぶりを強調するのであれば、こうした連中が来ることに関して違和感を持つべきでしょうな。わが国は危険国家だから来ない方がいいよと忠告したらよいのです。自分自身がトンズラーしようとしている国に来るのを歓迎するとはなんともいい加減な連中でしょうか。
ひょっとしたら、そうした外国人は、自分らがトンズラーする事でできる穴埋めのための身代わりとでも考えているのでしょうな。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 



人気サイトランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル : 政治・経済

<< 勝者こそ反省が必要なんじゃないか⑪ | ホーム | 万事教育がいい加減だから >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP