FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Goodな出来事



さて、ブログ閲覧の皆さん、こんにちは。本来ならば、この種の新聞の記事からとったものに関しては、古い順に順次消化していく予定ですが、どうも、今回のはよそ様でも取り上げそうな気がしますので、急遽、公開しましょう。

ε=ε=Σ┛ ̄ー ̄)┛ハシレ! 


慰安婦なんか問題にならない

安倍首相の外交ブレーンの岡崎久彦・元駐タイ大使は5日、東京都内で講演し、「20世紀は中国では何千万殺している。(旧ソ連の)スターリンの粛清も何百万、米国も原爆やドレスデン(空爆)をやっている。日本の慰安婦なんか問題にならない」と語った。首相が4月の訪米時に「20世紀は人権があらゆる地域で侵害された時代」として慰安婦問題での日本の責任に言及した背景を解説した物だ。

岡崎氏は、首相が訪米前に米メディアのインタビューを受けた後、「この文言(=「20世紀は人権侵害の時代」)を全部使いなさい」と助言したことを明らかにした。さらに「供給が十分な場合に強制は必要ない。どのくらいの報酬で募集して供給が十分だったと言う資料がそろっているといいが、金をためて自分のキーセンハウス(韓国の売春施設)を開いた奴が報告するはずもない」と、慰安婦の強制性の調査に疑問を示した。(引用ここまで。6月6日分)

まずは岡崎さん、GJ! ( ゚▽ ゚ )b どんどん言ってください!


=============================

李登輝氏 日本文化を賞賛

台湾の李登輝・前総統は6日、「奥の細道」をめぐる旅の締めくくりに秋田市の国際教養大学で「日本の教育と台湾-わたしが歩んだ道」と題して講演した。日本文化を「優れた精神性と美しさを併せ持つ世界でまれな文化」と賞賛、日本文化と自分の思想形成とのかかわりを語った。

講演では日本統治時代の台湾についで内地と変わらない教育の結果、非常に近代化した文明社会が作られた」と評価した。「台湾は中国の一部」とする中国は「日本統治の功績」を強調する同氏の言動を「独立派の証」と反発している。(引用ここまで。6月7日分)

李登輝氏、今日靖国神社訪問

訪日している台湾の李登輝・前総統は7日午前に靖国神社を訪問する意向を固めた。関係筋が6日明らかにした。李氏は「(第二次大戦で日本軍人として戦死した)兄貴がまつられているのに行かないのは人情として忍びない」と、靖国訪問に意欲を見せていた。

訪日は「私人としての学術文化交流」が目的とされ、安倍首相は靖国訪問は「詩人としての信仰の自由がある」として問題ないとの認識を示している。だが、李氏の訪日自体を「台湾独立を勢いづかせ中日関係を破壊する」と批判している中国当局の反発は必死だ。(引用ここまで。6月7日分)

李さんの訪日歓迎! ♪\(^O^)/(*^_^*)\(^O^)/ 心置きなく日本の旅をお楽しみください。そして、靖国神社においてじっくりと兄上の冥福をお祈りください。

それに引き換え、死那はうるさいぞ。ダマッテロ! 「台湾独立を勢いづける」って、今の台湾はどっから見ても独立国じゃないですか。有史以来、まじめに統治しようともしなかったくせに、何を言うか! 牡丹社事件以来進歩がないなぁ。

もともとは見向きもしなかったくせに、おいしく「調理」された状態を見てから欲しがるとは虫が良い。だいたい、そうしてよそ様が作った物をただどりする一方で、それを発展させたんですかねぇ。

満州の鉄道も、日本統治時代のほうが早く走ったじゃないですか。北朝鮮もまたしかり。保線がろくになされない物だから、のろのろとしか走れない。情けないですねぇ。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 



 李さん歓迎! クリックお願いします。 <(_ _)>  

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ : 本日のニュースより - ジャンル : 政治・経済

<< 女性差別 その経済的損失にも注目を | ホーム | 武家社会における名前と地位の相関性① >>


コメント

李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ

李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ

屋根の上のミケさんへ

はじめましてー、訪問ありがとうございます。
ヽ( ^∀^)ノq□ コーフィー ドゾー

国を挙げて歓迎しまょう。(^0^)

李登輝氏の國神社参拝を歓迎し感謝します。

 李登輝氏は英霊のご遺族でもあります。
 誰に憚ることがありましょうや!
 日本人として、國神社崇敬奉賛会会員として、大歓迎しまた感謝致します。
 ありがとうございました。

 TBさせていただきました。

tonoさんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

李さんの靖国神社参拝は、小は兄上の冥福を祈るため、中は第二の祖国(かつては日本がわが祖国でしたからね)のためで、ある意味では、一般の外国人の参拝とは意味が違って、われわれ日本人が参拝に出向くのと同じと考えてもよいかもしれませんね。
でも、遠路はるばる参拝に来てくれたことに関して感謝します!
ノ(^o^ノ)

李登輝前総統の靖国参拝に感謝します。
大歓迎です。

中国側は相変わらずの反応のようですが、
日本は中国の属国でも何でもありませんから、
李登輝氏の参拝を拒否するほうがよっぽど恥ずかしいことだと思います。

刀舟さんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

まったくそのとおりでございます。昨日の新聞でも、この種のことは国を挙げて推進するのは当然だ。外国からいちいちけちを付けられることじゃない。この件に関して日本は弱腰である、と言っておられたことが記事に載っていました。

今こそ過去の清算が必要である。

サンフランシスコ講和条約によって、米国による日本の占領が終わって独立を回復しましたが、実際にその時代に何が起こり、どう責任を取られたか、この辺りが全く検証されず、そのまま噂話だけが残りました(従軍慰安婦や南京大虐殺、日本悪玉論などがその最たるものです)。

今の歴史・外交は全てその上に成り立っています。
独立当時であれば、様々な聞き取り調査や検証が出来たと思いますが、もう鬼籍に入られた方の方が多いので難しいでしょう。

今こそ当時の資料から、日本がどういう歴史を辿ってきたか研究し、そして日本という国を誇りに思う心を育てることが、李氏への恩返しになるかと私は思います。

阿麗☆さんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

なるほどー。自虐史観の下だから、李さんのような方をお迎えするのにも変な解釈がまかり通って難が生じますからね。歴史解釈がまっとうであるならば、かような事はありえませんから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


李登輝氏の?國神社参拝を、心から歓迎し、感謝する

 来日中の台湾の李登輝前総統は7日午前、東京・九段の靖国神社を訪れ、本殿に昇殿して参拝した。 参拝を済ませた李登輝ご夫妻  &nbsp;  ?國神社には、旧日本軍人としてフィリピンで戦死した2歳上の李登輝氏の実兄・李登欽氏が「岩


どこの国の新聞だ!

イチイチうるさいな…  李登輝氏、靖国参拝へ=中国政府の反発必至                      時事ドットコムより引用>来日中の李登輝前台湾総統は7日午前、記者団に対し、靖国神社を参拝すると言明した。李氏を「台湾独立勢力」の代表的人物と


 BLOG TOP