FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

「一人っ子政策」大暴走


住民、地元政府を包囲

中国広西チワン族自治区南部の博白県で、地元政府による「一人っ子政策」の違反取締りに住民が反発し、数千人が政府の建物を取り囲んで放火するなど緊張が高まっている。武装警察隊などが鎮静化を図っているが、けが人が出ている模様だ。

騒ぎが起きたのは19日。香港氏などによると、同県農村部の4つの地域で放火するなどした。中国では少数民族などの特例を除き、2人以上産むと罰金が科せられる。香港紙によると、同県の担当部門は上位機関から「管理が甘い」と批判されたため、3月から取締りを強化したと言う。

同県に住む30代の女性は電話取材に「当局は違反者に数万元、数十万元と勝手な罰金を貸し、はらわないと家財道具を取り上げていった」。別の男性は「政策が必要なのは理解しているが、みな地元政府の強引なやり方に憤っている」と話した。

一人っ子政策をめぐっては、山東省の人権活動家が政府による強制堕胎の実態を告発し、国際的な批判が出ている。(引用ここまで。5月22日分)

「一人っ子政策暴動拡大」

中国広西チワン族自治区南部の博白県で、地元政府による「一人っ子政策」の違反取締りに住民が反発し、政府機関の建物を壊すなどした事件で、近隣する件でも29日、数千人の住民が政府庁舎に火を放つなどして治安当局と衝突したことが分かった。死者が出たとの情報もある。

住民などによると、容県の3つの鎮(町に相当する)で29日午後、数千人の住民が鎮政府の車両や庁舎に火を放つなどした。香港紙「蘋果日報」は住民と治安当局の衝突で100人以上がけがをしたと伝えた。

楊梅鎮では治安当局が住民を追い払おうとした際、複数の住民が警察犬にかまれるなどしてけがをした。衝突で男性1人が死亡したとの情報もある。同鎮政府の職員は「鎮内には何も異状はない」としている。

同鎮の30代女性は電話取材に「先月から取締りが厳しくなり、担当者が家に押しかけて罰金を取り立てた。10年前に生まれた子供にも罰金を課したり、家財や食べ物を奪ったりするやり方にみな怒っている」。別の女性は「罰金をすぐに払わないと、翌日に5割以上の滞納金を要求された」などと話す。

容県から90キロはなれた博白県でも今月中旬以降、10前後の鎮で同様の暴動が発生。国営新華社通信は23日、同県内の複数の鎮政府の庁舎や車が破壊され、住民28人が拘束されたと報じ、同県長の「県政府の仕事にも問題があり、住民を怒らせてしまった」との談話を伝えた。

住民や香港紙らによると、2月に自治区が開いた一人っ子政策の関連会議で違反取締りの甘さが議題にあがり、名指しされた県政府は取り締まりを一気に強化した。(引用ここまで。5月31日分)

中国の一人っ子政策、なぜ暴動

「一人っ子政策」をめぐる暴動が起きた中国広西チワン族自治区南部の博白県に入った。住民は「突然、高額の罰金を要求された」「役人は家を壊し、家具や豚を持ち去った」などと怒りを交えながら証言した。違法と知りながら多産に踏み切る背景には「国は老後の面倒を見ると言うが、期待できず、子供に頼るしかない」とする農民の不安があるようだ。

双旺鎮に住む女性、李梅さんは4人の子供を持つ。先月はじめ、鎮役場から「3人は違法出産。罰金約1まん7000元(約25万5000円)を2日後までに払え。払わないと家財を押収する」とする通知書が届いた。

村の平均年収は約2300元(約3万5000円)ほど。すぐに用意できる額ではないため、そのままにしていた。

14日、自宅に役場の職員ら数十人がやってきた。家の周りに非常線を張り、玄関の鉄の防犯扉やサッシの窓などを鉄棒で叩き壊し、持ち去った。5万元かけて建てた3階建ての住宅は、傷だらけ。「なぜこんな仕打ちを。直す金もない」と李さんは泣き崩れた。

近くに住む3児の父、龐承東さんは1万3000元(約20万円)の罰金を言い渡された物の、支払えず、飼育中の豚を約40頭没収された。約2万元(約30万円)相当という。

博白県は今年2月、「人口抑制政策目標を守っていない」と自治区政府に批判され、「これまで取締りが甘かった。固い決意で違反者に対応する」ことを決めたという。

しかし役人による見せしめのような取締りが横行、住民の怒りに火をつけた。当局の発表や香港紙などによると、博白県では5月17~19日に住民が数千~1万人が役場などを襲撃し、放火したほか、公用車などを壊したと言う。

「多産の背景には老後の不安がある」と龐さん。「以前は子供5、6人が普通。今でも男2人、女1人を望む。国は老後の面倒を見る、と言うが信じられない」と話す。

約8億人の人口を抱える農村部は、社会保障政策で都市住民と差別されてきたとされる。農村にも年金など社会保障を普及させる方針だが、財源不足で整備は遅れている。(引用ここまで。6月9日分)

しかしまぁ、何ですな。←例によっての「何ですな」だったりする。(^0^;) 中国ってのは本気で「一人っ子政策」をやる気あるのかなぁと思います。「これまで管理が甘かった」と言いますが、要するにお上のほうがいい加減じゃないですかねぇ。それとも、ひょっとしたら、最初は甘くして、時期が来たら一気に厳しくして、懲罰名目の財産略奪の機会でもうかがっていたんじゃないでしょうか。

昨今では、日本でも社会保険庁のふとどき振りが暴露されていますが、なにぶん中国ですからなぁ、お上に対する国民の不信感はなおの事でしょうな。農村の方は税金をぶんどっても、それに見合うだけの行政がなされていない訳ですからねぇ。



中国の「一人っ子政策」は(゚д゚)ス(゚Д゚)ゴ(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

クリックお願いします。       <(_ _)>  

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ : 特定アジア - ジャンル : 政治・経済

<< 三枝の笑ウインドウ① | ホーム | 女性差別 その経済的損失にも注目を >>


コメント

もーこうなったら何をしたいのか分かりません。

つか、民族浄化の口実としか思えないのだわ。

阿麗☆さんへ

たびたびの訪問ありがとうございます。

>つか、民族浄化の口実としか思えないのだわ。

なるほど、事件が起こったところが、「広西チワン族自治区」では、そういう可能性もありますね。そうなると、取り締まりにあたる役人と言うのも、中央からさし使われた漢民賊でしょうな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP