FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

中国では抱っこも有料

中国の幼稚園、先生が児童とハグをするのに料金をとっていた

「ハグ」”hug”というと、挨拶や愛情を表現するときに欧米でよく行われるジェスチャーのことですが、中国のとある幼稚園でも先生が児童にハグをしていたそうです。
そこまではごく普通の話ですが、なんとハグ代として料金を請求していたことが判明し、大きな波紋を呼んでいます。

中国東部にある揚州市の幼稚園で請求されていた項目には、ハグ代として月に80元(約1000円)があり、それにより子供たちが先生からハグをしてもらえるというもの。

ハグをしてもらえた子供たちは良い気分を得られると、幼稚園側から保護者に伝えられたそうです。

幼稚園によると、ハグによって子供たちが自信を持ったり、愛されていると感じたりすることから、このサービスは教育の質を上げるためのトライアルであるとのことです。

これに対し地域の行政局は「請求できる根拠がない」と述べており、また支払われた料金は保護者に返却するべきであるとして、調査をする構えを見せています。

教育の質をあげるのは大切ですが、さすがにハグの費用まで請求するのはどうかなと思いますね。




まあなんですな。発想がいかにも中国的でいいんじゃないですかな。中国の教育事情のはちゃめちゃぶりを考えれば、これなんかはまだましでしょう。
わいろを取って成績の値を吊り上げたり、学校で使用する教材に便乗して余計な物を売りつけたり、送迎バスのコストを手抜するために、さながら強制収容所への連行よろしくの過剰定員乗車など。それらに比べればこれなどはかわいい物だと割り切るべきですな。所詮は中国での行為であって、よその国がこれに倣う訳でもありますまい。
まあ、唯一懸念すべきは、教師にはロリコンは充てない事ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< ただひたすら韓国のシンパを増やすが韓日友好の本質 | ホーム | おまいらの望む「信頼」は期待するな >>


コメント

ピグマリオン効果サービス 

親のハグは子供にとって、言葉とならぶ絆の基本。
有料ということは、さすが、拝金主義の国。
子供が親をちくって収容所送りにした国は違う。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP