FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

勝者こそ反省が必要なんじゃないか⑬

「勝者こそ反省すべきなんじゃないか」13回目です。
第二次世界大戦では、ドイツが最初に侵攻した国と言う事で、ポーランドも連合国の1つになっていますがソ連にしてみれば、ドイツもポーランドも同列の存在でしかありません。
最初は独ソ不可侵条約の効能で、両国がつるんでポーランドを征服しましたが、後に両国が戦争状態に入った事で、そうした征服行為は万事ドイツの悪行としてのみ強調され、ソ連は知らぬ顔で、自分らの征服地に関しては始めから自国領と言う扱いで現在に至っているのみならず、その時のポーランド兵捕虜を大量に殺害して、それもドイツのせいにしてきました。
ソ連にとって認めるポーランドはせいぜいドイツ民主共和国のような物でして、旧来の体制に連なる物は排除したかったのです。
その結果、西側で活躍したポーランド軍は戦後帰る事が出来なくなってアメリカなどで暮らす事になり、その一方で、ソ連軍指導の下でできた人民軍が戦後のポーランド軍となりました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< 環境が物を言う文化の違い | ホーム | 下司国家同士で仲良くな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP