fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

とりわけ外国人は弱者面しすぎる

不倫妻と離婚した男性の悲劇「親権争いで負け、慰謝料も100万円のみ。日本の法律にはうんざり」

日本では離婚の際に母親が親権者となることが多い。母親側によほどの事情がなければ、父親が親権者となることは滅多にない。ゆえに、妻の不倫が原因で離婚する場合、子供の親権者になれなかった夫の辛さは計り知れない。

そんななか、40代のキャリコネニュース読者から「不倫された妻に子供の親権を取られて離婚した」というエピソードが寄せられた。どのような経緯があったのだろうか。(文:林加奈)
結婚式のわずか2カ月後に妻の不倫が発覚

男性と元妻はいわゆるできちゃった婚で、交際1年で元妻が妊娠し、子供が1歳の時に挙式・披露宴を挙げた。式の赤字が160万円ほど出たが、すべて男性が負担したという。

「その2か月後に不倫発覚。一緒に住んでいたアパートに男を連れ込まれ出てきたところを録画。弁護士を雇い親権争いで高裁まで行った」

親権をめぐる裁判の末、子供の親権者は元妻となってしまった。現在元妻は相手の男と同居しているという。男性は、元妻が仕事をしていなかったことを理由に慰謝料は100万円ほどしか受け取れなかった。母親が親権を持つのが当たり前になっていることについて、「日本の法律にはうんざり」と心境を語っている。

別の40代男性は妻に不倫され、現在は離婚裁判中だ。

「子供らが小学生だったものの、妻から執拗に離婚話を持ち出され、当面別居することに。ところが別居期間中、近くのコンビニの駐車場に私の車が止まっていて、車内に妻と子供の習い事の保護者の男を発見」

その後、妻は「夫にストーカーされている。これまで暴力を受けてきた」と騒ぎ立て、子供を連れて失踪してしまったという。明らかに妻に問題があるように見えるが、このような状況でも母親が親権者になる可能性が高いのが今の日本の現状である。男性が子供に会える日が早く来るといいのだが。
「外国人女性と国際結婚。DNA鑑定の結果、父親は別の男と判明」

50代の男性は、外国人の女性と国際結婚した。ところが、子供が3歳の時にDNA鑑定をしたところ、男性の子供ではないことが判明。

「先月、私の目の前で娘を連れて浮気相手と出て行きました。相手の男は私が妻と知り合う前からつき合っていたようです。まだ離婚できていませんが、今まで自分の娘だと思っていたのが他人の子供だというのが今も心の整理ができません」

現在は弁護士に依頼して、相手の男に慰謝料の請求と子どもを認知させる訴えを起こす予定だという。

自分の子供だと思って可愛がって育てていた子供が実は他人の子だったら…自分のことではなくても考えただけでもつらくなる。心の整理にはかなりの時間がかかるだろう。慰謝料請求も認知の訴えも男性の希望通りに叶うことを願いたい。



国際結婚の話は、結婚詐欺もいい所です。外国人女にしてみれば、一旦法律上、子供を「夫の」子供と言う事にしてしまえば、日本国籍があてがえる訳でして、それさえかなえば夫の存在は用済みで、後は子連れでずらかっても、日本から追い出される事はないと高をくくれるのです。
そう言う場合は、とっとと結婚以前の状態に回復させて、その馬鹿どもの国外追放へと発展させて然るべきです。
まあ、例によってある者たちからすれば、「子供には罪はない」と言うのでしょうが、実の両親ともに外国人と言うのでは、子供ばかりが「日本人」であっても、子供本人にとってありがたい事でしょうか。その実の両親が日本に居つくための道具にされるだけで決して子供の人権に沿う物とは言えません。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト



<< 別にうらやましくもないが | ホーム | 漢字面白解釈29 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP