FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

手抜き普請は将軍様も死に追いやった?

金総書記死去:手抜き工事・虚偽報告がストレスに

北朝鮮の熙川発電所の手抜き工事は建設初期から予見されていたものだった。熙川発電所建設突撃隊に属していた脱北者A氏は24日、「建設機械や資材が不足していたにもかかわらず、金日成(キム・イルソン)主席の生誕100年(今年4月15日)までに完成させろという指示だけが下された」と証言した。

■「主体鉄」「主体繊維」は全て虚偽

 北朝鮮の内部事情に詳しい筋は「金正日(キム・ジョンイル)総書記は単に熙川発電所の漏水だけではなく、虚偽報告がはびこっているという事実に極度のストレスを感じたはずだ」と指摘した。金総書記は今年の「強盛大国」実現に向け、大々的に宣伝してきた新素材の「主体(チュチェ)鉄」「主体繊維」が実体のない虚偽だったとの報告を受け、激憤していたという。

 「主体鉄」とは溶鉱炉にコークスの代わりに無煙炭を使用して生産した鉄であり、「主体繊維」のビナロンは石油ではなく、無煙炭から得られるカーバイド(炭化物)を原料とする合成繊維だ。原料を輸入する必要がないという意味で「主体」という言葉が付いている。

 しかし、金策製鉄連合企業所が2011年11月に開発したと報告した主体鉄の溶鉱炉は偽物だった。主体繊維を生産する「2・8ビナロン連合企業所」は電力と原料の不足で正常に稼働できずにいる。金策製鉄所で今年初め、リ・ヒホン支配人、リ・チョルフン責任書記ら幹部が相次いで粛清されたのも虚偽報告が原因だった。

 消息筋は「相次ぐ虚偽報告で金総書記は強盛大国がだんだん遠ざかっていると感じていたはずだ。そんな状況で厳寒の熙川発電所建設現場へと急ぎ、健康に無理が生じた」と証言した。

■手抜き工事の決定版

 熙川発電所ではマイナス30度の酷寒でもコンクリートの打設作業を強行し、砂が不足して土を混ぜることもしばしばだったという。建設関係者は「コンクリートを寒さの中で養生(打ち込んだコンクリートが十分に硬化するように保護する作業)したり、土などの不純物が混ざったりすれば、強度が低下し、崩れたりひびが入ったりする」と指摘した。

李竜洙(イ・ヨンス)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


さすがはかの半島だけの事はありますな。かの半島では手抜き普請が国技みたいな物でして、それによって事故るなんて事が往々にしてあります。そして、そのたびに犠牲者が出ます。
とりわけ北のような専制国家の場合は、何かにつけて上の思った通りに事が運ばないと、安易に制裁の対象となるのであれば、手抜き普請といんちき報告とのセットがますますまかり通るとしても異常ではありますまい。
しかし、そのとどの詰まる所が、一般の人民の犠牲ではなく、国家主席の死因につながると言うのは、手抜き普請の弊害の究極な結末ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

<< 不二子もとほほが頻発していれば | ホーム | 勝者こそ反省が必要なんじゃないか⑭ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP