FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国ではナマポ受給に「奉仕活動」が必要な時がある

生活保護受給者認定の見返りに性的接待、公務員に実刑
一審は執行猶予付き、控訴審は「罪状が重く、あまりにも軽い量刑」

 生活保護の受給者として認定されるよう手助けする見返りに性的な接待を受けたとして起訴された公務員に対し、控訴審で実刑判決が言い渡された。一審では執行猶予付きの判決が下されていた。控訴審では、被告人が性的な接待を受けた女性と「内縁関係にあった」と主張するなど、過ちを反省していない点を指摘し、原審より重い判決を下した。

 光州地裁刑事3部(梁炯権〈ヤン・ヒョンクォン〉裁判長)は26日、職務をめぐって住民から金品を受け取ったり、性的な接待を受けたりしたとして起訴された、光州市東区役所の職員A被告(56)に対し、懲役8月、執行猶予2年、追徴金106万ウォン(約8万4000円)を言い渡した一審判決を破棄し、懲役8月、追徴金106万ウォンの判決を下して、法廷内で身柄を拘束した。

 一方、同地裁は職員に賄賂を提供したとして起訴されたB被告(46)に対し、一審と同じく懲役4月、執行猶予1年の判決を言い渡した。地裁は判決理由について「A被告は自らの行動を反省するどころか、(B被告と)内縁関係にあったと主張し、何ら問題はないという態度を示すなど、罪状は重い。原審の量刑はあまりにも軽いため、実刑を適用する」と述べた。また「A被告は『自分の業務は生活保護受給者の認定とは関係なく、(金品の受領や性的な接待は)賄賂には当たらない』と主張したが、洞長(自治会長に相当)を補佐し、住民センターの業務の半分に関与していたことから、このような主張は受け入れられない」と指摘した。

 A被告は光州市東区の住民センターに勤務していた2008年3月、B被告から「生活保護の受給者に認定されるよう手助けしてほしい」と依頼を受け、数回にわたり、現金100万ウォン(約8万円)や6万ウォン(約5000円)相当のギフトセットを受け取ったとして起訴された。

 A被告は、B被告が生活保護を引き続き受給できるよう手助けする見返りとして、B被告と性的関係を持ったことが分かったが、A被告は職務との関連性を否定していた。

光州=金性鉉(キム・ソンヒョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



いちいち何につけてもエロごとが絡むところなんかは、いかにも韓国的な出来事と言えますが、ある意味では、こうした事ではわが国も見習うべきですな。
もちろん、この事例をストレートに我が国に適用すべしとは言えませんが、曲がりなりにも韓国では、ナマポ受給者に対して、見返りを要求すると言う発想が一部ながらも存在していると言う事です。
それに引き換えわが国の場合は、いまだにそうした見返り的な発想がナマポに対して適用されていません。だからこそ、受給者は悪びれることなく、要求ばかりしているのです。もし、見返りと言う概念があるのならば、いんちきに基づく受給がなくなるのですがねぇ。
ただ、韓国の場合は、そうした見返り要求に、個人の欲求を便乗させているのですから、感心出来る事ではありません。要するにそれは買春をした公務員がその費用を公費で払ったと言う事に過ぎないのですからね。
こんな有様ならば、韓国の場合、ナマポ受給が必要な若い女、あるいは若くない女も集めて、公儀が売春宿を開いて、「仕事」をさせる。そんな発想に行き着くべきではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 韓国ニュース - ジャンル : ニュース

<< ナマポ受給者は時間持ち | ホーム | 民族がいい加減だから教育もいい加減なんだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP