FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ナマポ受給者は時間持ち

ナマポ受給者の中には、受給額に対して不満を持ち、これでは生きていくだけで精いっぱいだとこぼします。
自分ならずとも、こういう連中に対しては必ずしも同情できないと思います。彼らにしてみれば、我々有職者は富裕者の端くれくらいに思っていて、貧者たる自分らに対する施しを要求している訳ですが、我々だって別段楽をして彼らよりもお金を持っている訳ではないのですよ。
有職者は往々にして、お金のために何かを犠牲にしているのです。いうなれば自由時間を切り売りしているとでも言いましょうか。
それに引き換え、ナマポ受給者の場合、曲がりなりにも我々に比べて自由時間が潤沢なのです。それだけに、思いつきで、お金と引き換えに、そうした自由時間を我々によこせと主張したいですね。
有職者の場合、お金があっても、そうした自由時間が乏しいためにおのずと、私的にやりたい事が制限されるのです。それに比べてナマポ受給者の場合、なまじそうした自由時間が多いから、そうした暇を活かすためにお金の方でより多くの要求をするのです。
そう考えたら、こういう連中に余計な自由時間など必要ない。食って寝るだけの時間さえあれば十分でしょう。働きもしないで快適に暮らせるような環境にあったら、そこから出て行きたいとは思わないでしょう。
だからこそ、こう言う連中に対して、奉仕活動や強制労働を要求して何が悪い。自分だって、会社の業務に不可欠な超過勤務を多多こなしているのです。それは、自分の私生活には往々にして不必要な物でして、極端な事を言えば強制労働とも言えるのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

<< 善名よりも悪名⑥ | ホーム | 韓国ではナマポ受給に「奉仕活動」が必要な時がある >>


コメント

グラフ化してイメージしてみますと

グラフ化を試みると、X軸に可処分時間、Y軸に可処分所得として、左上から右下に斜めの線になるのが現実。
あなたは、この線上のどのあたりを望みますか? という問いかけを申請者にするのもいいなかな。

「俺は両方MAX」 とかいう回答は、当然ながらただちに却下。
では、左下から右上への線グラフを思い描いて、中くらいならOKか。上のグラフと交差近似の位置だけど。
考え方か現実認識に問題アリと思う。高次を望むほど、脱線して実現性が低下しますからね。
逆に望みをなくすと、XY両方がゼロになる。どういうことか。ああ、恐ろしい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP