FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

掛け声だけで何もしていないのでは

健康診断受けないとボーナス減 ローソン、3月から

 【古谷祐伸】健康診断を受けない社員とその上司はボーナスをカット――。ローソンが3月から、社員3500人を対象に「健康診断の受診率100%」をめざす取り組みを始める。労使が合意した。

 労働安全衛生法は、企業に定期健康診断を行うよう義務づけており、従業員にも受診する義務がある。だが、ローソンの場合、2011年度の受診率は83・6%。多忙などを理由に受けない社員がいるためだという。

 新制度では健康診断を受診しない社員に年3回、受診を促す通知を出す。3回目の通知を受けても無視し、1年間受診しなかった場合、翌年度のボーナスを、いったん決まった支給額から本人は15%、その上司も10%減らす。再検査を勧められたのに受けなかった場合も、本人は最大8%、上司は10%の減額にする。



ここでは、一見ローソンが社員の健康に対して配慮しているように見えますが、では、これまで一部の社員がそうした会社の配慮を無視して、健康診断を受けようとしてこなかったのか。
多忙を理由にしている所を見ると、ローソンのこうした取り組みは単なる掛け声倒れでしかない可能性が高いと言う事です。
ローソンは、ただ社員に対して健康診断を受けろと言うだけで、そのための時間を割いてやると言う事をしなかったのではないでしょうか。
ちなみに自分が勤めている会社の場合、それぞれの店舗内に健康診断の開催場を設置して、開催期間中の勤務時間中に行うべしとしており、それで仕事に遅延が生じたら、その分は超過勤務としていました。
ローソンの場合、社内にそう言う場所を設置する事をせず、あまつさえ、勤務時間外の暇な時に会社指定の病院で行うべしと言ってはいなかったでしょうか。
もしそうだとしたら、社員のある者が多忙を理由にばっくれるのは当然でして、ローソンの掛け声は、単に法定上での義務に対するかっこ付けのアリバイをでっち上げただけの事であって、本気で社員の健康に配慮する気などなかったと思います。
もし、ローソンがすべての社員に健康診断を本気で受けさせたいのならば、こんな罰則を設けるよりも、健康診断受診のための休暇でも与えた方が良いのではないでしょうか。少なくとも、受診が可能になるだけの時間を社員に割いてやる配慮は不可欠です。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

<< いきなり高額減額では逃げ出すわな | ホーム | 映画なら良かったと思うが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP