FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

別段きれいごとで就職した訳じゃないからな

先日は退職金減額になる前に駆け込みで定年前に退職申請した公務員に対する擁護をエントリーしましたが、その辺の所について補足しましょう。
公務員は「全体の奉仕者」などと往々に言われていますが、それはあくまで勤務中における心得であって、勤務から離れたら、あるいは、就職退職の選択に関しては、人生全体からの広い視野で行うべき物ですから、年度末直前で辞めるのも個人の勝手次第と認めるべき物です。
そもそも、公務員になる者の多くは、民間企業に比べて沈没しにくいと言う環境を当て込んでの物しかありません。仕事の内容は簡単とは言えないにしても、あまり目立つような物とは言えません。
はなから、格別きれいごとをほざいて就職した訳でないのならば、退職自体が銭金づくで意図した所で何の不自然があるのでしょうか。
むしろ政治家の方こそ、さんざんきれいごとを口にして議員になった以上は、そのきれいごとに見合った事をやってもらいたい物でして、任期を全うしないうちに自己都合で辞職したり、不始末で失職するような事態こそ、有権者に対する裏切りであって、ましてや、そのために欠員補充のために選挙を必要とする事態こそ、無駄遣いと見なしてしかるべきなのに、なぜかしらんその種の事に対する批判と言う物が記事になったのを見た事がありません。
こうした補充選挙はやらないで済ますか、やるのであれば、そうした原因を作った政治家にコストを持ってもらいたいと思います。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



テーマ : 行財政改革 - ジャンル : 政治・経済

<< 日本行に反対する子供がいてもいいだろ | ホーム | お金には国境がある⑦ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP