FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

人権問題のみならず国際問題もあるぞ

1月28日のエントリーでは、フィリピンのマニラシルバークラブの事を取り上げましたが、この団体に限らず、25日の裁判に関するエントリーに関連する記事では、検索をかけてみると、押しなべて日本目線での記事ばかりでしで、自分のように、フィリピンでの法律を基準にエントリーをしているなんて手合いは存在しません。
弁護士のサイトも日本の法律のみで物を考えて、フィリピンの法律なんぞはまるっきりのしかとであります。25日のエントリーでは、「こんな事ではますますフィリピンの評価が悪くなるぞ」とタイトルを付けた物ですが、それと言うのも、結論から言ってしまえば、フィリピン人は万事日本に不二子って当たり前と考えているのではないかと勘ぐってしまうからです。
もし、フィリピン女性の日本人男性との結婚が特定の異性に対する愛情専らであったならば、こんな騒動が持ち上がる必要などなく、つつがなくフィリピンでの暮らしにまい進したでしょうが、その実態は少なからず愛情の対象は日本国籍と言う事でしょう。
日本人との結婚で、子供に日本国籍を与えて、今すぐでなくても、将来は自分も日本へ移住。そんな考えでいるやからが少なくないと思います。
そもそも、フィリピン政府にしても、父親が外国人でも自国の居住する者としてフィリピン国籍を与えていると言う現実がある訳でして、それは格別日本に比べて人権意識が著しく劣ってはいないと言う事に他ならないのですが、そうしたフィリピン政府の意向が全く無視されて、ひたすら日本国籍の有り無しばかりがここでは詮索されています。
こうなって来ると、単なる人権問題を通り越して、フィリピン国そのものを侮辱否定する国際問題へと発展していくのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

<< 韓国の場合、女にチェンジするメリットって何 | ホーム | チクリありきのいんちきが続出しそう >>


コメント

グレーゾーンがダークマターへ

以前、金銭貸借の金利で2つの法律で上限が異なり、グレーゾーン金利とかでトラブルのもとでした。今、法律事務所なんか関与できるようになって、過払い金を取り戻しますと宣伝しているアレですね。これを解決して、麻生さんなんかが、相当に憎まれたそうな。
戦後にバラバラに作られた法律で、懸念されながらも何十年も放置された問題だったそうです。玉入れ遊戯の3店方式による「賭博ではありません」という定義も未だに続いていて、おかしいものです。
(なんで放置され続けているのか、いろいろ穿った見方もできるんでしょうね)
それらは極端にしても、法律の定義づけやら、政令、条例と具体的になる時点で微妙なグレー部分や空白部があることが判明して、あとから「通達」で解釈を統一して運用がなされるようです。犯罪組織なんかは、こんなところを突いていたりするようです。
日本の法律だけでも、こんなグレーなことがある。米国なんか州によっても法が違うし習慣も違うから契約文面が必死でチェックされたりするのでしょう。
中国や韓国の知的財産権の自国保護は目にあまるほどですが、他国も押して知るべきで臨むべきなのでしょう。
商取引に限らず、婚姻の契約や習慣なども、相当な違いを織り込んでおかないと、痛い目に合うのかなと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP