fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

そのくらい待てよな

Uber配達員、悲しみのコンボ「お待ちの品、到着しました!」→「すみません、まだ帰宅途中です」


すっかりおなじみの光景となったUber Eats配達員の姿。街のあちこちで見かけるものの、そのリアルな実態は知られていない。2017年から兼業配達員を続け、6000件を配達したライターの飯配達夫さんに、当事者しか知らない赤裸々エピソードを寄稿してもらった。(文:飯配達夫)【連載第4回】

配達員を延々待たせる客

コロナ前のある時期から増えてきたパターンだが、「配達員を延々待たせる客」が一定数いる。


そうなる理由の多くは、配達までの待ち時間を嫌い、帰宅前に注文を済ませるからだ。いちばんよくあるのが「帰宅途中の電車から注文」のケースだ。

Uber Eatsに慣れてくると、利用者も「だいたい、これぐらいじゃないかな」と配達タイミングを予測するようになる。しかし Uber では注文から配達までの時間が案外読みづらい。お待たせすることもあるが、予想外にスムーズな配達が実現する場合もある。

そうなると、配達員がすでに自宅に到着しているのに、本人はまだ帰宅途中だ、というケースもある。

この場合、割を食うのは配達員である。いくら待っても待機は収入の足しにならない。利用客が帰宅するまで、ひたすら無為な時間を過ごすことになる。利用者もバツの悪い思いをするのでアンハッピーだ。

そんな、どうしても配達待ちしたくないときは、帰宅途中の店でテイクアウトするのも一手だろう。実は、Uber Eatsにも「自分で持ち帰る」オプションを選べる店もある。ようはアプリで予約した店まで、自分で取りに行くのだ。アプリで手軽に注文できるうえ、配達よりも割安なので、選択肢の一つとして考えても良いと思う。



>配達までの待ち時間を嫌い

その程度くらい待てよ。別段、その間何もできないと言う訳じゃないのでしょう。帰宅よりも先んじて到着した配達員の方が、無為に待たされるだけなんですからね。
書留の再配達に比べれば、ばっくれられるリスクは小さい物の、こちらの方は、相手がいない場合、通知書を代わりに配達して、とっととずらかると言う事ができないだけ無駄足を踏まされるリスクと言う物がある事を考えれば、かように「便利」すぎると言うのも考え物ですな。
{便利」すぎると言うのは、帰宅してもいない状態で注文できる事です。なんかしらの理由で、かように配達員の方が先んじたと言う場合もあり得る事からすれば、そのような事は出来ないようにするべきですよね。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< 地位と実権の乖離① | ホーム | 一族に恵まれなかった大名 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP