FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

寄付ができるほど稼いで何が差別か

日本で稼いだ資金で故郷に奨学金贈る在日韓国人

慶尚南道慶南南海(ヨンサンナムド・ナムヘ)が故郷の在日韓国人、玄威憲(ヒョン・ウィホン)氏(88)が15日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で他の32人とともに大統領表彰を受けた。「献身的な奉仕と分かち合いを通じ国家社会発展に寄与した功労」だ。青瓦台の紋様が彫られた腕時計と茶器のセットを副賞に贈られた。

南海郡二東面草陰里(イドンミョン・チョウムリ)に生まれた玄氏は、1949年に慶南警察学校を卒業し日本に渡った。金を稼ぐためだった。差別を受けながら肉体労働や古物商などあらゆる仕事をした。休まずに働いた。お金が少しずつ貯まるとすぐに不動産・ホテル業と企業運営などで財産を増やしていった。

いつも故郷を忘れられなかった彼は84年に草陰里の玄氏の家門の子女に奨学金を贈り始めた。だが、歳月が流れ奨学金を与える家門の子女は減り続けた。これを残念に思った玄氏は南海の学生全体を対象に奨学金を出すことにした。私財4億5000万ウォンを投じて94年1月5日に「玄威憲館奨学会」を正式に設立した。この基金の利子で毎年数十人の学生たちに数千万ウォンずつ奨学金を支給した。(以下略。詳細はリンクより)


強制連行の話だって、機会あらんば日本からずらかる事が出来ると言うのに、帰国するよりも不法入国の方が多い。
まあ、今回のケースは不法入国ではないようですが、それでも曲がりなりにも自ら望んで日本に居ついたと言う事に他ならないはずなのに、すぐに差別と言う話に持って行こうとするのが韓国のお決まりの下司ぶりです。
わが国でも、かように日本に居つく韓国人を称して、往々にして差別されている気の毒な人たちにしてしまう傾向がありますが、そちらの方が却って見下していると言う事ではないでしょうか。
そもそもこの御仁はそれなりに収入があって、日本で企業経営ができた訳でして、差別する対象どころか、むしろ羨望する対象になっているのではないでしょうか。
結局の所、この御仁のやっている事は、日本で一旗揚げた事に関して、そうした機会を認めてやった日本に対する迎合などなく、大方、そうした成功が韓国において嫉妬の対象とならないようにするための罪滅ぼしとしての、同胞に対する寄付と言う形となったのでしょう。
百歩譲って、我が国においていまだ韓国に対する「差別」があるとしたら、こうした韓国人の身勝手なメンタリティにあるのです。こんな奴らに安易に差別だなんて思われたくないですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

<< 中国おもしろ捏造写真館 | ホーム | 利益認識の乖離⑱ >>


コメント

蓄財できる国に差別はないだろうね。 差別されてて蓄財なんかできるものか。

しかし、韓国や韓国媚び媚びの報道記事は、「差別」されながらが枕につきますね。
コリアンの粘着気質がくっきりと出ている。
その差別が具体的に書かれているのを見たことない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP