FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

どっちもどっちのいんちきスポーツ国家

「韓国の必殺技は、負けたら審判のせいにすること」と中国人

スポーツの試合で中韓両国が対戦すると、罵り合いの火種が絶えることがない。ジャーナリスト・金明昱氏がレポートする。

 * * *
 ロンドン五輪フェンシング女子エペ個人の準決勝で、韓国のシン・アラムが最後の1秒でドイツ選手に決勝点を取られて敗れた後、判定を不服として1時間にもわたって座り込み、泣きながら抗議を続けた。このスポーツマンシップに欠ける態度には世界中で非難が沸き起こったので覚えているファンも多いだろう。
 
 これに対して中国のネット上では、「韓国の必殺技は、負けたら審判のせいにすること」「人の判定を責めることだけはよく知っている韓国人」などの書き込みが相次いだ。
 
 オリンピックだけではない。
 
 サッカーのKリーグ(今年から1部は「Kリーグクラシック」に名称変更)でプレーしていた李イ鋒という元中国代表DFがいる。韓国で成功したパイオニアだが、韓国内では、「誠実さがない」「練習態度が悪い」「コンディション管理が下手」「韓国語をまったく覚えようとしない」など、“素行の悪さ”を指摘する報道が数多くあった。
 
 この悪評が広く知られたことから、プロスポーツ界では中国人プレーヤーを敬遠する風潮が定着しつつあり、それに対する中国ファンの怒りも増幅している。

※SAPIO2013年3月号



それが「必殺技」と言うのは何ともど情けない事ですな。しかも、それを中国人から言われるとはねぇ。中国人の場合も、似たような物なんじゃないでしょうかねぇ。ともあれ、両国の場合は、第三国とはプレイしない方がいいですよ。こんな有様では、よその国の人間は当然の事として敬遠するのですからね。早い話が両国はスポーツの資格がありません。
こいつらの場合、ドロンボーでもあるまいに「いんちきお得意よ。いかさま大好きよ」なんですからね。せいぜい両国間でのみスポーツをやったらよいのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< よその国は気にせんから構わずやれ | ホーム | 日本にいるからと言っても、必ずしも貢献するとは言えないぞ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP