FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

投書三連発


外国人と共生、歩み寄り大切

日系ブラジル人男性が静岡県袋井市内に新居用の土地を買おうとしたところ、自治会住民の反対にあって断念した。(6月28日朝刊)

自分と異なる国に住む人々と価値観を認め合い、共生していくのが人として正しい道ではないか、とわたしは思う。記事のとおり、外国人というだけで、挨拶に来た人に会うのを拒み、その人の本質を見ずに偏った先入観でしか人を見ないのは、いかがな物だと思う。

わたしの住む群馬県でも、工場の多い地区で彼らを良く見かける。多くの人が移住してきた当初は、ごみの出し方や深夜に騒ぐなどのトラブルがあったと聞く。だが、ごみを収集日前夜に出さないと言うポルトガル語での看板の設置や、パーティー好きな彼らのために夜でも音の出せる場所を確保すると言った住民の努力で、今ははるかに良い関係を築けているようだ。

大切なのは、コミュニケーションをあきらめないこと、努力と歩み寄りだ。

街ですれ違う彼らに時々聞いてみたくなる。この国は住みやすいですか、と。(引用ここまで。7月6日分)

一見正論のようですが、所詮彼らは、招いた客人と言うわけではないのです。まずもって、彼らのほうこそ、先住民の秩序を乱さないと言う前提で居住すべし。いちいちわれわれのほうで、彼らのために無制限に便宜を図る必要なんかないんじゃないですか。下手をすると、彼らのほうで図に乗ってくるかもしれません。現に某民族の場合は、その傾向が強いのです。( ゚д゚)、ペッ

交換のはがき、廃棄処分とは

先日、郵便局ではがきを30枚買ったが、欲しかったインクジェットのはがきに代えてもらおうと、翌日交換に行った。すると1枚に付き5円で交換すると言う。そして、もって行ったはがきは廃棄処分にするという。まったく新品なのに。

どこのお店でもレシートさえ持参すれば、返品・交換ができる。手数料の問題ではなく、平気で新品を処分してしまうという制度はおかしい。資源を大切にというご時世。これって税金の無駄遣いじゃないの。

局員の人たちは疑問に思わないのだろうか。が、何度食い下がっても「そう決まっています」。どうしても納得ができず、郵便局の相談センターにメールで意見を送ったら、マニュアルどおりの返事が返ってきた。

「1度購入していただいたはがきは再販に適さず、交換に応じたはがきは廃棄処分いたします」

書き損じのはがきを5円で交換してくれるのはありがたいサービスだ。でも、こんな体質で、民営化、うまくいくのかしら。(引用ここまで。7月13日分)

( ゚д゚)、ペッ 一体全体、窓口の連中は何をやっているのかねぇ。よその部門では、もっと手間のかかるサービスだって、手数料なしでやっているんですよ。ひょっとしたら、金を取るのは営業の特権として、よその業務を卑下しているんじゃないですか。

自衛隊のことを君どう思う

「自衛隊は必要だと思う。それとも必要じゃないと思う」。学校で聞きかじってきたのか、小学6年の息子が尋ねてきた。

「君はどう思う」「必要ないよ。憲法で禁止されてるし」「でもよその国が攻めてきたらどうする」。うーんと口ごもる息子に、答えのつもりで日ごろ考えていることを語ってみる。

「よその国が攻めてきたらって言う私の前提がおかしいんだよ。攻めてくるとしたら、なんか原因があるからだよ。だとしたら、原因を作らないことがまず大事じゃない。よその国と仲良くできる外交政策を取ることのほうが、武器を持つより国を守ることになるという考えで、どうだろう」

私たち自身は外交政策を決めたり、友好を進める法律を作ったりすることはできないけど、それをやってくれる代表を選ぶことはできる。そこまで話すと、「ああ、選挙だ」と息子。

今回の参院選は憲法改正の発議にかかわる可能性のある議員を選ぶ初の選挙だ。息子と会話するうちに、年金問題や閣僚の不祥事などで、この争点がかすんでいるのが心配になった。(引用ここまで。7月20日分)

はっきり言ってぼけナスが! タイガイニセェ!! ■━⊂(#゚Д゚) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

>よその国が攻めてきたらって言う私の前提がおかしいんだよ。

普通はそうでしょうが。それになんですか次のは。

>攻めてくるとしたら、なんか原因があるからだよ。

よそ様が攻めてくる原因なんか知りませんよ。まさか、前にも変な投書にもあったように、その原因とやらをわが国に求めてはいないですか? よそ様が日本に攻め込んできたとすれば、間違いなく、日本に対する侵略行為ですから、迎撃するのは当然のこと! そういうことをいうのであれば、まずもって、過去の日本のいくさにも、そうした原因を追究してもらいたい物です。日本のいくさばかり、容赦なく「侵略戦争」呼ばわりは不公平きわまる! q(゚皿゚メ)(メ゚皿゚)p


クリックお願いします。 <(_ _)>  

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 武家社会における名前と地位の相関性④ | ホーム | 中国とんでもウォッチング② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP