fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

真剣みに欠ける

ガーシー議員が不満ぶちまけ 国会欠席の“懲罰”「勝手にして」「不登校の学生を停学にするの一緒」【FNN単独インタビュー】


2022年7月の初当選以来、一度も国会に登院していない、NHK党のガーシー議員。FNNの単独インタビューに応じ、国会欠席の“懲罰”について「勝手にしてください」と語った。

【画像】ガーシー議員「ドバイにいるんで…」本音と不満をぶちまけた

キャップにパーカーのラフな姿でモニターに映るのは、2023年3月上旬に帰国し、国会に出席する考えを示している、NHK党のガーシー議員。25日夕方、滞在先のドバイと国会をオンラインで結び、国会出席に向けた勉強をする予定だったが、直前にFNNの単独インタビューに応じた。

ガーシー参院議員:
はじめまして。宜しくお願いします。僕の中では、今9割、3月の上旬には帰国するつもりです。

「ドバイにいるんで」国会欠席の懲罰問題に開き直り
ガーシー議員は2022年7月に初当選して以来、一度も国会に出席していない。自民党と立憲民主党は1月24日、今の通常国会でも欠席が続いた場合には“懲罰”を科す方向で一致している。

このことについて、ガーシー議員に心境を聞くと、開き直りともとれる言葉が返ってきた。

Q.懲罰委員会が早ければ2月上旬に開催予定だが、心境は?

ガーシー参院議員:
心境というかなんというか、ドバイにいるんで勝手にしてくださいって感じ。3月に帰るってことを言っていますし、これ以上、別に言うこともないかなと思っているんですけど。ただ、立憲(民主党)からも自民党からも何の報告もないまま勝手に事が進んでいくんで…。

懲罰について「勝手にしてください」と語る一方、与野党への不信感をにじませた。

票を入れてくれた人は「帰ってきてほしい」と思っている
懲罰が可決される場合、ガーシー議員には登院停止の処分が下される可能性もある。これに対してはこう答えた。

Q.懲罰委員会で登院停止が検討されることについて。

ガーシー参院議員:
登院していないので、登院停止してどうするんだろうなとは思いますけど。(登院停止)したいのであればしてくださいって感じですよ。登院してないのに登院停止にして、不登校の学生を停学にするのと一緒ですよ。支離滅裂だなって気がしますけど。

3月に初めて国会に出席する意向を示している理由を聞くと、こう明かした。

ガーシー参院議員:
僕に対して票を入れてくれた人たちも、やっぱり大丈夫、帰ってこなくていいよと言いながらも、帰ってきてほしい気持ちはあると思っているんですよ。僕が一番大事にしないといけないのは票を入れてくれた人たちだと思っているので。その人間に会いたいなという気持ちも強いので。その人たちの意思を尊重するためにも一回、国会に行きたいなという気持ちと、参議院議員が国会に出ることを義務とするんであれば、一度くらいは出ていかないといけないという意思が、まずひとつあります。



この人の意志がどうも理解できない。議員に立候補した以上は、自分はこうこう政治において改善して行こうと言う思惑があったはずなのに、それならば、まずは国会へ出向く必要があるでしょうし、そうでないのならば、その場から、なにがしかの政策を提案すると言う事があっても良さそうな物ですが、それ以前に、国会出席に向けた勉強と言うのはいかがな物ですかねぇ。
なんか、始めから真剣に議員になる事など頭になく、たまたま当選したからこそ、そのような泥縄的な事をやっているのでしょうか。曲がりなりにも当選してから半年もたっている訳でしょう。この体たらくからすれば、どうしても真剣みに欠けていると見えるのですよ。ましてや、本人からして、「勝手にしてください」ですからね。議員を目指すのも、そして当選してからも惰性でやっているようにしか見えません。


クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< 「現実は韓国の片思い」 | ホーム | 踏切がないのに踏切の音が拝める駅 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP