fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チル川の戦いと子供の人権⑰

「チル川の戦いと子供の人権」第17回目です。
本来ならば、そのような寄り付きもする気もない所なんぞはあえて祖国とする意味もないはずですが、そんな所でもあえて祖国と定めるのであれば、彼らなりにそれが得になると言う前提があればこそでして、半島に住む本来の意味での朝鮮人にしてみれば、内心ではそうした自国を呪って、滅亡してくれれば良いと思っているだろうと言うのに対して、在日連中にしてみれば、最もそうした国の存在を欲している事は間違いないでしょう。
彼ら在日連中にしてみれば、そうした「祖国」の惨状も、拉致問題も、核ミサイルに関しても一切、我が責にあらずと言う意識を持っている訳ですが、それでもかの国を祖国と見なすのであれば、それで風当たりが強くなって、ある意味肩身が狭くなる事態になろうとも、それは自業自得でしょう。
ともあれ、彼ら在日連中にしてみれば、そうした祖国に対しても、確保要域指令の発想で臨んでいる事でしょう。在日連中にしてみれば、北朝鮮と言う、巨大なスターリングラードの外にいられると言う物です。どうせ、彼らは祖国の惨状に関して無答責意識を持っているのです。しかし、そんな国でも滅亡してしまえば、亡国の徒に成り下がってしまうのです。それだけは彼らとしても願い下げでしょうが。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

 

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



<< ドイツ元帥物語112 | ホーム | 本願寺への食糧搬入さえ阻止できれば良い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP