fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

本願寺への食糧搬入さえ阻止できれば良い

織田信長が大坂本願寺との戦いで用いた鉄甲船は、あまりに謎が多い船だった


東映創立70周年を記念し、織田信長と濃姫を主人公にした映画『レジェンド&バタフライ』が上映中である。今回は、織田信長が大坂本願寺と毛利氏との戦いで用いた鉄甲船について考えてみよう。

 織田信長と敵対する大坂本願寺と毛利氏の攻防戦としては、天正6年(1578)における第二次木津川口の戦いが有名である。木津川口は、大坂湾の制海権をめぐる戦いだった。

 信長は毛利水軍を打ち破るため、九鬼嘉隆に命じて6隻もの鉄甲船を作らせた。これは大型の安宅船と考えられている。

 安宅船とは、本格的木造軍船の総称で、大型商船の屋形などを堅木の厚板で囲い、正面に大砲、側面には弓矢鉄砲を備え、上甲板上には2層または3層の櫓を設置した。

 鉄甲船の長さは12.3間(約21.8~23.6m)で、幅は7間(約12.7m)だったという(『多聞院日記』)。乗船した人数の5千人は無理な数字で、6隻に5千人(1隻に8百人程度)と考えるべきだろう。

 船は鉄で覆われ、砲撃の被害を最小限に抑える構造になっていた。ただし、鉄甲船はすべてが鉄でできているのではなく、限られた箇所に薄い鉄の装甲が施されたと考えられている。

 『多聞院日記』は一次史料なので、その記述を信頼すべきという意見もあるが、あくまで伝聞が多いことに注意が必要だ。

 一方、尊経閣文庫の『信長公記』の写本には、長さが18間(約32.4m)で、幅が6間(約10.8m)と書かれており、こちらの記述が妥当であるという。ただし、鉄の装甲があったか否かは、『信長公記』にも記されておらず、いささか疑問が残る。

 オルガンチノの報告書によると、鉄甲船はポルトガルの軍船に類似しており、日本でも作られていたことに驚愕している。日本の造船能力はかなり高かったので、全面が鉄の装甲ではなかったにしても、装甲として部分的に用いられた可能性はある。

 一説によると、鉄甲船は鉄の装甲が施されておらず、単に南蛮風の真っ黒な船だったのではないかとも指摘された。鉄甲船は毛利水軍を撃破するのではなく、毛利氏による大坂本願寺への兵糧運搬を阻止するのが目的だったという。

 つまり、鉄甲船は海上に浮かぶ、船の要塞的なイメージだったようである。毛利氏の水軍は鉄甲船の存在により、湾内に突入し難くなったので、攻撃よりも威嚇が目的だったことになろう。しかし、威嚇だけでは意味がないようにも思える。

 信長の鉄甲船の問題は極めて難解であるが、現時点では決定的な説がないといえよう。今後の課題である。なお、戦いは最終的に織田軍の勝利に終わり、大坂湾の制海権を掌中に収めたのである。



戦国時代も終わりが近づいた事になって開花した鉄砲と言う兵器からして、重たいくせに発射速度が低く、およそ攻撃兵器としては使い勝手が良くない代物で、それに対して多少なりとも機動力を持たせよう物ならば、船に載せると言うのが妥当ではありましょう。
だが、ここでテーマとなっている鉄甲船に関しては馬鹿でかくて、およそ機動力と言う点では問題外で、毛利水軍にしても、甲鉄船からの射撃から逃れるだけならば、かなり容易だったでしょう。
しかしそれだと大坂湾への進入ができなくなってしまうと言う物でして、信長にしてみれば、それさえできれば良かったと言う事ではないでしょうか。鉄甲船での活躍と言えば、毛利水軍が本願寺に対する食糧搬入を阻止したと言う事が指摘される程度でして、それ以外に、どんな実績があったのかと言う点でも謎が多い話ですね。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ






スポンサーサイト



<< チル川の戦いと子供の人権⑰ | ホーム | 思惑外れて自動二輪の購入ならず >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP