fc2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

面接は「面接官」の道楽のためにあるようだ

暴言だらけの面接官「他の仕事探した方がいいよ、たぶん採用されないと思うけど」


面接官にも当然、言っていいことと悪いことがある。10年前、転職のために面接を受けた50代前半の男性(東京都/設備・交通・運輸/正社員・職員/年収450万円)。その時、面接官からこんな暴言を吐かれたという。(文:永本かおり)

「ダメ出しのみ30分」「人間性を完全否定」

「10数年前、キャリア数社を扱う携帯電話販売代理店で転職面接」を受けたと男性は振り返る。その面接は

「履歴書見るなりひたすら書き方や字が汚いとダメ出しのみ30分」

「終わったと思えば『他に受けてる?結果は?』と聞かれ、挙句の果てに、『だからダメなんだ、他の仕事探した方がいいよ、たぶん採用されないと思うけど』」

と「人間性を完全否定」してくるものだった。しかも最終的には

「『じゃあ今日の面接は当然不採用だから』と一方的に終了」

という始末。あまりにもぞんざいな対応に、男性はこの販売店について

「いまだに存在し年中募集しているようだが、定着率は低そう」

と客観的に書いていた。


キャリコネニュースでは、往々にして、特定の事に関する記事が目白押しでして、そのひとつが、面接の話です。そうした面接の話では往々にして、この面接官は大真面目に面接をやる気があるのかと言う点で疑問に思えるのですよねぇ。何か、はなから求人して来た人を採用する気なんかなく、やって来た人をなんかしらの形でののしったり、ディスったりする、ある種の道楽と言うか、暇つぶしで面接に臨んでいると言っても良く、なるほど、こんなのでは依然募集が必要な状態にあるのは当然で、記事の投稿者も、こんな会社では定着率が低いだろうと推測する訳ですが、それ以前に面接官の道楽として利用すべく、「募集」がなされているのに過ぎないのではないかとも勘繰れるのですよ。



クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ





スポンサーサイト



<< 思惑外れて自動二輪の購入ならず | ホーム | タイパの定義 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP